製品情報

2017年8月23日発売

ダスモックb(錠剤)

ダスモックb(錠剤)

第2類医薬品

気管支の汚れをキレイにしながら
しつこい咳、たん、気管支炎を改善

単品容量 希望小売価格
40錠 1500円(税込 1500円)
80錠 2700円(税込 2700円)

販売名:ダスモックb

  • 製品ラインナップ
    製品特徴
  • 成分・分量
  • 効能・効果
  • 用法・用量
  • 使用上の
    注意
  • 保管及び
    取扱い上の注意
  • 廃棄方法
  • 私もアイデア
    提案者

製品ラインナップ

  40錠

40錠

  80錠

80錠

製品特徴

  • タバコや排気ガスなどで、せき・たんが続く方のお薬です
  • 漢方処方「清肺湯(せいはいとう)」が気管支粘膜の汚れを取り除きながら、せき・たんをやわらげます
  • 気管支の状態を正常に近づけ、呼吸をラクにしていきます

成分・分量

成分(1日量(10錠)中) 分量
清肺湯エキス 3.2g
オウゴン 1.0g
キキョウ 1.0g
ソウハクヒ 1.0g
キョウニン 1.0g
サンシシ 1.0g
テンモンドウ 1.0g
バイモ 1.0g
チンピ 1.0g
タイソウ 1.0g
チクジョ 1.0g
ブクリョウ 1.5g
トウキ 1.5g
バクモンドウ 1.5g
ゴミシ 0.25g
ショウキョウ 0.25g
カンゾウ 0.5g
より抽出(添加物:デキストリンを含む)
  • 添加物として、二酸化ケイ素、クロスCMC-Na、無水ケイ酸、l-メントール、プロピレングリコール、ステアリン酸Mg、香料を含有する
  • 本剤は天然物(生薬)を用いているため、錠剤の色が多少異なることがあります

効能・効果

体力中等度で、せきが続き、たんが多くて切れにくいものの次の諸症:たんの多く出るせき、気管支炎

用法・用量

次の量を食前又は食間に水又はお湯で服用してください

年齢 1回量 服用回数
大人(15才以上) 5錠 1日2回
15才未満 ×  服用しないこと

用法・用量に関連する注意

  • (1)定められた用法・用量を厳守すること
  • (2)吸湿しやすいため、服用のつどキャップをしっかりしめること
  • 食間とは「食事と食事の間」を意味し、食後約2〜3時間のことをいいます

使用上の注意

相談すること

  • 1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
    (1)医師の治療を受けている人
    (2)妊婦又は妊娠していると思われる人
    (3)胃腸の弱い人
    (4)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
  • 2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、製品の添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
    関係部位 症状
    皮ふ 発疹・発赤、かゆみ
    まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること
    症状の名称 症状
    間質性肺炎 階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする
    肝機能障害 発熱、かゆみ、発疹、黄だん(皮ふや白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる
  • 3.1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、製品の添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

保管及び取扱い上の注意

  • (1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること
  • (2)小児の手の届かない所に保管すること
  • (3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)
  • (4)本剤をぬれた手で扱わないこと
  • (5)ビンの中の詰め物は輸送時の破損防止用なので開封時に捨てること

廃棄方法

廃棄は自治体の区分に従ってください。

包材・資材名 廃棄区分
ビン ガラス
キャップ 金属
ラベル 紙※廃棄は自治体の区分に従ってください。
添付文書 紙※廃棄は自治体の区分に従ってください。
緩衝材 プラスチック
個箱 紙※廃棄は自治体の区分に従ってください。
[内容物] 製品情報:成分欄をご覧ください 残った内容物は一般ごみへ

※「一般ごみ」とは、「燃えるごみ」「家庭ごみ」等、各自治体により表現が異なりますので、弊社お客様相談室または各自治体へご相談ください

私もアイデア提案者

アイデア検討チーム

  • アイデア検討チーム名
    ・漢方チーム
  • チームメンバー

私もアイデア提案者

  • 小林製薬の新製品アイデア提案制度で、この製品と類似したアイデアを提出した従業員を紹介します。