ガスだまりってどうしてできるの? FACTOR「ガスだまりの原因は?」ガスだまりができる原因は大きく分けて二つあります。

FACTOR1 ガスが出にくくなってたまるから

長時間、座っていることが多い。

座っている時間が長かったり、ストッキングを履いて、
しめつけられたり。
普段している何気ないことが実は腸を圧迫し、働きを鈍らせてしまうことも。

会社や外でおならをガマンすることが多い。

会社でなかなかトイレに行けない。外でおならをするのが恥ずかしいなどでおならをガマンしていませんか。
ガマンを続けると、腸に負担をかけて働きが悪くなり、ガスが出にくい状態になることがあります。

腸のぜん動運動が弱い。

「ぜん動運動」とは、便やガスを排出する腸の動きのこと。腹筋からの圧力で腸の動きを助けるため、腹筋が弱い女性や年配の方は、ぜん動運動も弱くなりやすいのです。また、特に生理前の女性はホルモンバランスの変化によりぜん動運動が弱くなりやすいと言われています。

ガスをつぶす成分って?
ページトップへ

FACTOR2 ガスの量が増えるから

悪玉菌のエサが増える。

悪玉菌は、脂がのったお肉やクリームたっぷりのケーキなどの高タンパク、高脂肪の食事が大好き!
また、腸の掃除をしてくれる大切な成分「食物繊維」も過剰に摂取しすぎると消化しにくくなり、悪玉菌のエサとなります。

ガスの発生を抑える成分って?

悪玉菌が増えている。

身体に悪影響を与えることが知られる「ストレス」。
腸の働きにも大きく影響します。
ストレスがたまると自律神経(副交感神経)の働きが乱れ、悪玉菌が増えやすい腸内環境に。
さらに腸内環境の乱れから便秘になると、さらに悪玉菌が増える…という悪循環を起こしてしまいます。

ガスをたまりにくくする(整える)成分って?
大量のエサや増えた悪玉菌により、ガスの発生量が増えていきます。
※ イメージ図
ページトップへ