だから効く!アットノンEXの特徴

アットノンEXが傷あとに効くメカニズム

有効成分ヘパリン類似物質が血行を促進し、傷あとのターンオーバー(新陳代謝)を促進します。さらに、グリチルリチン酸二カリウムが傷あとの炎症を鎮め、アラントインが表皮の修復を促すことで、傷あとを目立たなくします。

ヘパリン類似物質ってなに?
ヘパリン類似物質は、傷あとを治療する成分として医療現場でも使われている成分です。「保湿」「血行促進」「抗炎症作用」の3つの働きがあり、傷あとのしこり、つっぱりをやわらげる作用があります。

アットノンに含まれる成分

アットノンに含まれる成分

肌のターンオーバーに合わせて作用

肌が生まれ変わる新陳代謝の周期は28日。アットノンはこの間にじっくり作用していくので、新陳代謝の周期を目安にした使用をおすすめします。

効果を実感するためには?

アットノンの有効成分のヘパリン類似物質は、肌のターンオーバーを促進し、肌の内側から徐々に傷あとの赤みやもり上がりを目立たなくしていきます

効果を感じられるまで継続使用されることがおすすめです。

以下のような実感が感じられれば効きはじめのサインです。

  • 傷あと部分がなめらかになる
  • 傷あと部分がやわらかくなる
  • 傷あとの色が薄くなる

アットノンは毎日・長期間塗り続けることで「ヘパリン類似物質」が新陳代謝を促し、傷あとを治していきます。