わたしの傷あとにも使える?傷あとチェック

あなたの“あと”に合った使い方はコチラ

目立たなくするには形成外科的治療が必要な可能性があります

まずは1週間、1日数回、新陳代謝を促進し、保湿効果が高いヘパリン類似物質を配合した外用薬をしっかり塗りこんで使用してみましょう。
塗り続けることで皮膚がしっとりしてきます。硬い傷あとがやわらかくなり、平らになって、徐々に赤みが引いてくれば効きはじめのサインです!
傷あとは年齢、部位、体質、時間の経過などによって目立たなくなりにくいものもあります。頑固な傷あとの場合、目立たなくなるまでに半年以上かかることもあります。
皮膚が何度も生まれ変わることで、徐々に傷あとが目立ちにくくなってきますので、1ヶ月〜3ヶ月を目処にケアと続けてみてください。

※症状がよくならない場合や肌に異常がある時は使用を中止し、添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。 ※※傷あとが目立ちにくくなる期間はひとつの目安です。個人差がありますので、症状が進行する時や、判断に迷う時は形成外科を受診してください。