副鼻腔炎とちくのう症(蓄膿症)は同じ病気です。

「ちくのう症」は正式な医学的用語ではなく、古くから使用されている「俗名」です。
一般的にちくのう症は慢性の副鼻腔炎を指すことがほとんどですが、
副鼻腔炎の急性と慢性の境界線が曖昧なため、単に副鼻腔炎の意味で使用されることもあります。

副鼻腔炎=ちくのう症

急性と慢性の大きな違いは「急性」の状態では主にウイルスや細菌が原因であり、
これらが副鼻腔に感染し、炎症を起こすことで、「副鼻腔炎」が起こります。
それに対して「慢性」の状態では、副鼻腔が炎症を起こし、
中に溜まった膿が排泄できなくなることで炎症が悪化し、
それが原因でさらに膿が溜まるという悪循環に陥った状態を指します。

このため、治療には副鼻腔の炎症を鎮め、溜まった膿を排出することが重要です。

膿を抑え、呼吸を楽にしてちくのう症を改善する内服薬「チクナイン」

  副鼻腔炎(ちくのう症)
症名 急性副鼻腔炎 慢性副鼻腔炎
症状の期間 1ヶ月未満(1ヶ月以内に症状が消失) 3ヶ月以上
症状
  • ・鼻水が膿性、頬部痛、発熱などの急性炎症症状
  • ・加えて、鼻閉、鼻漏、後鼻漏や感冒症状(風邪症状)

鼻閉、鼻漏、後鼻漏、咳嗽などの呼吸器症状が3ヶ月以上持続するもの

・頭痛や頭重感などの随伴症状も

主な発症原因

主な発症要因は、ウイルスや細菌であり、これらが副鼻腔に感染し、炎症反応を起こすことで、様々な症状が出てきます。

急性期のこれらの症状が改善しない場合、副鼻腔に膿が溜まり、その中の炎症物質がさらに炎症を引き起こします。

症状が治まらず慢性期に入ると、ウイルスや細菌の感染が主ではなく、この膿が原因になってきます。

膿が排出できず、炎症が悪化し、更に膿溜まる、という負のスパイラルにより症状が慢性化し、慢性副鼻腔炎となります。

Web動画「愛のデュエット」篇