貧血は妊活にも影響!?

女性ホルモンと妊娠のメカニズム

女性のからだでは、卵胞ホルモン(エストロゲン)や黄体ホルモン(プロゲステロン)といった女性ホルモンが、生理の周期に合わせて変動しながら分泌されています。生理後、卵胞ホルモンの分泌量がピークになると、黄体化ホルモン(LH)が分泌され、卵胞の成熟が進みます。その結果、成熟した卵胞から卵子が飛び出し排卵がおこります。

排卵後、卵胞は黄体へと変化し、黄体ホルモン(プロゲステロン)を多量に分泌します。黄体ホルモンは子宮内膜に働きかけて、子宮内膜を厚くし受精卵が着床できるよう、準備をします。このように排卵や妊娠に大きな影響を及ぼしているのが、2種類の女性ホルモンです。

受精から妊娠に至るまで
受精から妊娠に至るまで
卵巣から排出された卵子は卵管を通るときに精子と出会い受精します。その後細胞分裂を繰り返しながら移動していき、胚盤胞となり子宮腔内に到着します。子宮内膜に接着して内膜へもぐりこみ着床となります。

妊娠には女性ホルモンが重要です!

女性ホルモンと生理周期について

女性ホルモンには鉄分が必要不可欠!?

鉄分が不足すると女性ホルモン(卵胞ホルモン・黄体ホルモン)の合成が滞ります。またヘモグロビンによる酸素の運搬ができなくなります。体内の酸素不足+分泌が滞り、子宮内膜が成熟しないという事態が起こるのです。さらに、鉄分は卵細胞の成長に必要なため、不足すると育ちにくくなったり、質にも影響を与えることもあります。

貧血を改善することは妊娠しやすい体づくりに役立ちます!

鉄分不足により考えられるリスク

用法・用量を守って正しく服用ください。

効率の良い貧血対策はファイチ!

WEBで買える! その貧血、医薬品ファイチで改善!! LOHACO 最短当日お届け! ご購入はこちら!

このページの先頭へ