事業分野

あったらいいなをカタチにする

家庭用品事業

家庭用品事業では小林製薬グループのブランドスローガンである「“あったらいいな” をカタチにする」を具現化するユニークで独創的な製品をお客さまに提供しています。

製品企画開発

平均約13ヶ月でひとつの新製品を生み出すスピード

マーケティング

製品の使用シーンを含めた提案を行い、消費者ニーズと市場を引き出す

生産技術

高品質で安価な製品を、安定して市場に供給

 

通信販売事業

「お客さまとのダイレクトな接点を構築できるビジネス」として、1993年にスタートした通信販売事業部。
『製薬会社ならではの品質』を前面にうち出すことで、現在も成長を続けています。

  • 科学的・技術的に裏付けられた徹底的な検証をもとに、自社の研究員で研究・開発
  • 医薬品と同等レベルの厳格な品質管理基準で製造
  • 安心と安全のためにパッケージには必要な情報を全て表示
  • 「薬剤師お客様相談室」を設置し、購入後のサービスにも注力