ホットフラッシュ
(ほてり、のぼせ、発汗)

女性

症状の概要

症状としては、2-4分間持続する熱感および発汗を自覚し、血圧変動はないまま脈拍が増加します。さらに、めまいや吐き気、頭重感を伴い、顔面から始まり、全身に広がります。長いと、1時間程度症状が持続することもあります。

自然閉経や卵巣摘出を受けた女性の6割程度で経験されるといわれ、日常生活に支障をきたすほど重症であるのは1割程度と考えられています。

症状が起こる要因

ホットフラッシュにはエストロゲンの分泌低下が大きく関与しています。エストロゲンは、脳の視床下部からの命令が卵巣に伝わって分泌されますが、更年期にはその卵巣機能が低下することで、エストロゲンなどの女性ホルモンが減少します。このように、視床下部からの命令がうまく伝達されないことで、ホットフラッシュのような自律神経症状を引き起こします。

また、ホルモン以外にも原因があることが知られており、例えば、暖かい部屋や空気がよどんだ部屋に入ったとき、ヘアードライヤーの使用などがトリガーとなって症状が誘発されます。

簡単な対処法

ホルモン以外の原因を探り、それを回避するように心がけましょう。着るものを通気性の良いものにしたり、涼しい部屋で休む。1日のうち静かな時間をもち、心理的要因となるストレスを取り除く工夫をするのも良いでしょう。また、ホットフラッシュを自覚したときは、深い腹式呼吸を行い、呼吸を整えてリラックスすることを心がけるようにしましょう。その他にも、ドラッグストアなどで市販されている漢方薬なども効果が期待できます。

【参考資料】
女性医学ガイドブック 更年期医療編 2014年度版, 日本女性医学学会編, 金原出版株式会社
【監修】
医療法人 恒昭会 藍野病院 内科部長、栄養管理部長
吉田 麻美先生

その他、更年期に関する情報