女性の尿もれ事情
と原因

加齢や出産を機に、多くの女性が尿もれに悩まされています。そんな尿もれについて、悩みの声や種類・原因などを見ていきましょう。

女性の尿もれ事情

尿もれのお悩みを抱える人

約5人に1人

出典:2021年3月小林製薬調べ(N=30,000、40代以上男女)
※人口は、総務省「人口推計」データより40-79歳女性の数値と、弊社調査の数値を元に推計。(令和1年10月)

悩んでいる尿もれの種類

くしゃみや重い荷物を持ったときなどに尿もれをする:80%,尿意を我慢しきれずに尿もれする:34%,おしっこ直後に尿もれする:13%

出典:2021年3月小林製薬調べ
1年以内に尿もれ症状のある40-70代女性 N=3,287

40-70代女性の約5人に1人と非常に多くの人が尿もれに悩んでいます。
「くしゃみや重い荷物を持ったとき」に起こることが最も多く、次いで「尿意を我慢しきれず」に起こってしまうことが分かりました。

女性に多い尿もれの種類とその原因

1.くしゃみなどによる尿もれ

正常な膀胱は腹圧がかかってもモレない,腹圧性尿失禁は骨盤底筋が弛緩し、尿道が開きやすい

「せき」や「くしゃみ」、「力んだとき」などおなかに力が加わると起こる尿もれを『腹圧性尿失禁』と言います。骨盤内にある膀胱は骨盤底筋という筋肉に支えられています。加齢や出産などにより、この骨盤底筋が緩んでしまうと、膀胱が倒れて下がってしまいます。この状態でおなかから力が加わると、膀胱内の圧力が上がり、尿道が開きやすくなり、尿もれを起こしてしまうのです。
『腹圧性尿失禁』は男女ともに起こりますが、女性に起こることが多いです。

2.急な尿意による尿もれ

正常な膀胱は腹圧や刺激があってもモレない,切迫性尿失禁は膀胱が過剰に収縮して、尿もれを起こす

急に強い尿意が起こり、我慢できずに起こる尿もれを『切迫性尿失禁』といいます。膀胱内に尿が十分にたまっていなくても、膀胱が過剰に活動することで、自分の意思とは関係なしに尿もれが起きてしまうのが特徴です。
『切迫性尿失禁』は男女ともに起こりうる尿もれです。

出産や加齢など原因は様々ですが、
「尿もれ」と「膀胱」は切っても切り離せない関係です。「膀胱」を正常な状態に保てるように、規則正しい生活を心がけましょう。

あなただけじゃない!?
尿もれお悩みの声

くしゃみや咳をした瞬間に尿もれをしたり、尿もれ用のパンティーライナーを充てているが、仕事中はなかなかトイレに行けず、ニオイなどが気になります。
(女性 60才以上)

外出時間によって、持ち歩くパッドがどれくらい必要か考える事が面倒
(女性 50才~54才)

外出する時は着替えの下着を持ち歩いているが、旅行の時などに尿もれをすると、途中でコインランドリーで洗わなければいけないのが不便。
(女性 55才~59才)

外出のたびに下着や尿もれパッドを持ち歩くことに煩わしさを感じています。また、尿もれを起こした際は、尿もれパッドやパンティーライナーに染み込んだ「ニオイ」を気にしており、非常に悩みが深いことが伺えます。

あなたの尿トラブルをタイプチェック