背中のブツブツは
洗ったり保湿するだけでは治らない

毎日ちゃんと洗っているのになぜか治らない背中のブツブツ…。
洗ったり保湿するだけだけでは治らないのには理由があります。

背中などのブツブツは、いろいろな原因で発症します。
その主な原因の1つが「細菌」。ニキビの原因菌であるアクネ菌などが原因となり、
それらと他の外部要因や体調が関係することによって症状が悪化することがあるのです。
ケアしているのになかなか治らない…それは「菌」が原因かもしれません。

背中などにブツブツができる理由...それって菌!?

【ニキビの原因菌と症状】

ニキビの原因菌には「マラセチア菌」、「アクネ菌」、「黄色ブドウ球菌」の3種類があります。
マラセチア菌とアクネ菌はだれの皮膚にもある常在菌で、皮脂を栄養源として炎症を引き起こします。
黄色ブドウ球菌は肌荒れやアトピー性皮膚炎を引き起こします。

マラセチア菌
マラセチア菌
痒み・痛みをあまり伴わない
アクネ菌
アクネ菌
赤く腫れたり、てっぺんに
白〜黄色の膿が溜まる
黄色ブドウ球菌
黄色ブドウ球菌
周囲が赤く、表面に膿の
溜まったクボミができる

上記3種類の菌が原因の場合は通常のケアでは治らないため、専用の殺菌成分の入ったものを使う必要があります。

その原因は日常生活にも

肌の乾燥、睡眠不足・ストレス、新陳代謝の低下、紫外線・汗、食生活の乱れ、シャンプーなどの流し残し

背中などのブツブツは普段の生活環境が原因で発症することも。
あなたにも心当たりありませんか?

背中などのブツブツを改善するには普段の生活習慣を見直すことが大切。

こんな習慣があったら要注意!

×先に体を洗う⇒シャンプーが残る⇒毛穴が詰まる

×背中をゴシゴシ洗う⇒必要な皮脂が流れる⇒肌が荒れる

こういった小さな習慣を見直すことで背中のブツブツの軽減につながります。
それでも改善しない、繰り返し長引く症状には、背中にある原因菌を殺菌することが大切です。

その他、セナキュアに関する情報