低気圧不調Q&A

低気圧不調について

男性・女性のどちらが低気圧不調になりやすいのですか?

弊社の調査では、今まで低気圧で不調を起こした人の割合は男性39%:女性61%と女性が多いですが、男性・女性ともに起こりうる症状です。

(2019年10月 20~69才男女 2,500人対象の
アンケート調査 小林製薬調べ)

低気圧不調になりやすい年齢はありますか?

弊社の調査では、幅広い年齢の方が低気圧不調が起こっており、20代から60代の男女のうち、約3人に1人が1年以内に低気圧不調が起こっているという結果が出ました。したがって、どの年代でも起こりうる症状です。

(2019年10月 20~69才男女 2,500人対象の
アンケート調査 小林製薬調べ)

低気圧不調の特徴は?

弊社の調査では頭痛・だるさ・めまい・むくみなどの症状が1つだけでなく、複数発症する人が半数以上存在することが分かっています。

(2019年10月 20~69才男女 2,500人対象の
アンケート調査 小林製薬調べ)

低気圧不調が起こるタイミングとは?

気圧が下がるタイミングで不調が起こるため、朝起きた時に感じる人や夕方・夜に感じる方などタイミングは様々なようです。

気象病と同じ病気ですか?

同じ病気です。低気圧が原因で起こる症状をまとめて「低気圧不調」と定義しています。その他に、天気痛・低気圧痛などと呼ばれることもあります。

低気圧不調になりやすい季節はありますか?

弊社の調査では、6~9月に症状を感じている割合が高い結果が出ました。
しかし、原因は気圧の低下によるものなので、特定の季節という不調ではありません。

(2019年10月 20~69才男女 2,500人対象の
アンケート調査 小林製薬調べ)

登山や飛行機に乗る際に起こる症状にも効果はありますか?

症状が起こるメカニズムは同じであるため、症状は改善すると考えます。

テイラックについて

どのような医薬品ですか?

「テイラック」は、雨や台風など低気圧の接近によって生じる頭痛・だるさ・めまい・むくみなどの不調を感じる方のための漢方薬です。

どのような働きにより効果を発揮するのですか?

テイラックは「五苓散(ごれいさん)」という漢方薬です。
5つの生薬からなる「五苓散」は水分代謝に優れた漢方薬で、血管拡張の抑制、体内の水分バランスを調整をする作用があり、低気圧の変化による複数の症状に効果を発揮します。

どのような体質の人に向いていますか?

体力に関わらず使用でき、のどが乾いて尿量が少なく、頭痛、はきけなどの症状を感じる方に効果的です。

どのくらい使用したら効果があらわれますか?

五苓散は比較的効果を感じるのが早いお薬です。
頭痛の症状に飲まれた場合は、2時間程度で症状が楽になったという報告もあります。
個人差がありますので、1ヶ月くらい服用しても症状の改善が見られない場合は服用を中止して医師、薬剤師、登録販売者の方へご相談ください。

効果的な飲み方はありますか?

弊社の調査では低気圧不調を感じる方の67%が予兆を感じるというデータがあります。
ひどくなる前に服用することをおすすめしています。

(2019年10月 20~69才男女 2,500人対象の
アンケート調査 小林製薬調べ)

他の医薬品と併用(飲み合わせ)してもよいですか?

同じ成分又は生薬を含む医薬品(内服薬)との併用はお控えください。
病院から他の処方薬をもらっている方は、服用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

サプリメントと併用(飲み合わせ)してもよいですか?

サプリメントは食品ですので基本的に成分が重複していなければ、併用していただいても構いません。

妊娠中・授乳中に使用してもよいですか?

妊婦または妊娠していると思われる方、授乳中は服用前に医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。

子供が使用してもよいですか?(何才から使えますか)

5才以上から服用できます。5才未満は服用できません。小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

CONTENTS

低気圧などによる複数の不調に効く!

頭痛・だるさ・めまいで
お悩みの方にテイラック

低気圧などで不調を感じる方に|テイラック
【効能・効果】体力に関わらず使用でき、のどが渇いて尿量が少ないもので、めまい、はきけ、嘔吐、腹痛、頭痛、むくみなどのいずれかを伴う次の症状:暑気あたり、頭痛、むくみ

ご購入はこちら

低気圧などで不調を感じる方に|テイラック
【効能・効果】体力に関わらず使用でき、のどが渇いて尿量が少ないもので、めまい、はきけ、嘔吐、腹痛、頭痛、むくみなどのいずれかを伴う次の症状:暑気あたり、頭痛、むくみ

ご購入はこちら

閉じる