製品情報

桐灰 あずきのチカラ 目もと用

桐灰 あずきのチカラ 目もと用

働いた目に
心じわ〜っとほぐす
チンしてくり返し使える!

単品容量 希望小売価格
1個 780円(税抜)

桐灰化学 販売製品について

2020年7月1日より、こちらの製品の販売及びサポートは小林製薬が引き継ぎました。
今後とも一層のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

桐灰シリーズの他の製品はこちら

  • 製品ラインナップ
    製品特徴
  • 品質表示
  • 使用方法
  • 使用上の
    注意
  • 加熱時の
    注意
  • 繰り返し使用の
    注意
  • その他の注意
  • 廃棄方法

製品特徴

  • 1日働き続けた目に気持ちいい蒸気※2温熱ピローです。
    ※2 蒸気は目に見えません。
  • あずきの天然蒸気の温熱がじんわり温め、心までほぐしていきます。
  • 適度な重みがあり、目にフィットするので、効果的に温めることができます。
  • 電子レンジで加熱するだけですぐに使えます。
  • 繰り返し250回使えるので経済的です。
  • *医療機器ではありません。

<約5分間のリラックスタイム> こんな時にお使いください

パソコン作業や本を読んだ後に 入浴後に
パソコン作業や本を読んだ後に 入浴後に

あずきの秘密

  • どうしてあずきから蒸気が出るの?
    あずきは他の豆類と比べて水分をたっぷり含んでいます。
    電子レンジで温めると、その水分が水蒸気になって出てきます。
  • 蒸気って何がいいの?
    蒸気の温かさは、体の深くまで届く特長があります。
    体がしっかり温められて、心までほぐれます。
  • どうして繰り返し使えるの?
    あずきは温めることで失った水分を空気中から吸収します。
    4時間以上待つ間にあずきの水分量が増え、繰り返し使えるようになります。
  • *あずきは使うたびに水分を充分に保てなくなり、温まりにくくなったり、こげやすくなったりすることがあります。
    使用回数250回は、必ず守りましょう。

品質表示

素材 ポリエステル、綿、ポリプロピレン
内容物 あずき、緑豆(青あずき)

残留農薬検査済み

使用方法

透明袋から製品を取り出し、文字の書いてある面を下にして電子レンジ中央に置く。 加熱時間に従い加熱する。
(1)透明袋から製品を取り出し、文字の書いてある面を下にして電子レンジ中央に置く。(置く部分の汚れを拭き取る)豆の偏りがないようにならしてから置く。 (2)加熱時間に従い加熱する。
600Wを超える出力では加熱しない。
*加熱中は電子レンジのそばを離れない。
文字の書いてある面を上にして目にのせる。5分を目安に使用する。
(3)文字の書いてある面を上にして目にのせる。
5分を目安に使用する。
  • *電子レンジ機能以外での加熱不可。
  • *自動温め不可。
  • *所定時間を超えて加熱しない。
  • *業務用電子レンジ使用不可。
  • 電子レンジで加熱した後、商品の表面に「キケン」の文字が出ている場合は使用できない。
    「キケン」の文字が消えるまで冷ましてから使う。熱すぎるまま使うと、目に悪影響が出るおそれがある。

    (電子レンジの機種や使用環境によっては加熱時間通りに加熱しても「キケン」の文字が出る場合がある。)

使用上の注意

  • 目以外には使用しない。
  • 使用時は目を閉じて使う。
  • 皮フに異常(外傷、湿疹、かぶれ、やけど、日焼けによる熱傷など)のある部位や発熱している部位、および粘膜には使用しない。
  • 自らの意思で製品を取り去ることのできない人、子供および泥酔時や就寝中は使用しない。
  • 糖尿病など、温感および血行に障害をお持ちの方、肌の弱い方はやけどのおそれがあるため、医師又は薬剤師に相談する。
  • 長時間、同じ部位に当てない。
  • こげたり、破れた場合は使用しない。

加熱時の注意

  • 指定の加熱時間とワット数を必ず守る。
  • 自動モード(オート加熱、おまかせ加熱)での加熱禁止。また、あずきを使用しているため、所定の時間を超えて加熱すると、あずきがこげて使えなくなることがある。加熱時間には充分注意する。
  • 同封の脱酸素剤は加熱しない。
  • 使用は1日4回を限度とし、加熱使用後、次の使用までに4時間以上空ける。使用後、充分に湿気を吸収させないとあずきが異常に熱くなり、発火、火災などの思わぬ事故を招くおそれがある。
  • ターンテーブル型の電子レンジを使う場合には、テーブルが回っていることを確認する。
  • 加熱した製品を電子レンジから取り出す際には、製品温度に注意する。熱いと感じたときは、無理に取り出さず、充分冷ましてから取り出す。
  • 使用前に電子レンジの汚れをよく拭き取る。取れない場合は、レンジ使用可能で清潔な皿にのせて加熱する。
  • レンジ庫内が温かい状態で加熱すると、想定よりも熱くなる可能性があるため、庫内を冷ましてから加熱する。

繰り返し使用の注意

  • あずきは繰り返し使用により水分を充分に保持できなくなる。水分を保持できなくなると、温まりにくくなったり、こげやすくなるおそれがある。
  • 繰り返し使用可能回数は250回。250回を超えたら捨てる。
  • *使用条件、環境によっては250回以内に使えなくなる場合もある。また250回以内でも何か異常を感じた場合は、使用を中止する。

その他の注意

  • 涼しい風通しのよい場所に保管する。
  • 製品は洗濯できない。
  • 製品は食べられない。
  • 捨てるときは、市区町村で定める区分に従う。

廃棄方法

廃棄は自治体の区分に従ってください。

包材・資材名 廃棄区分
個箱 紙※廃棄は自治体の区分に従ってください。
プラスチック
本体 一般ごみ(燃えるごみ)
脱酸素剤 一般ごみ(燃えるごみ)

※「一般ごみ」とは、「燃えるごみ」「家庭ごみ」等、各自治体により表現が異なりますので、弊社お客様相談室または各自治体へご相談ください