更年期について、みなさんはどのように感じているのでしょうか?
また、どのような工夫をして日々を過ごしているのでしょうか?
そんな気になることをアンケートから探っていきましょう。

もしかして更年期…?と、思ったら 女性保健薬 命の母A Webストアでもお取り扱い中!

更年期を自覚したのは何歳のとき?

更年期についての調査グラフ
小林製薬調べ、2013年9月

40代

更年期についての調査グラフ

50代

更年期についての調査グラフ

小林製薬調べ、2015年7月

40代を過ぎたあたりから、だんだんとあらわれる更年期の症状。
40代では4人にひとりが、50代では2人にひとりの人が更年期の症状を感じています。

更年期について周りの人と話す?

「恥ずかしい」「まだ信じたくない」と一人で抱え込みがちな更年期の悩み。お友達と話題にしている人はどのくらいいるでしょうか。

更年期についての調査グラフ
小林製薬調べ、2015年7月

アンケートでは、半数以上の方が「多い」「どちらかといえば多い」と答えています。

女性なら誰もが迎える更年期。お友達と話すことで、不安が解消されたり、つらさを乗り越えるヒントが見えてくるのかもしれませんね。

更年期障害について話す女性たちの写真

自覚のある症状は?

自覚症状に関するグラフ
小林製薬調べ、2015年7月

更年期の不快症状として多くの方が感じているのは、肩こりや疲れ、頭痛・腰痛など。
どれも身近な症状ですが、「更年期になるとひどくなる」という声を聞きます。

また、汗をかきやすい、顔やからだがほてる・のぼせる、自分だけ暑かったり寒かったりする、腰や手足の冷えなども、更年期の典型的な症状です。

どんなふうに対処してる?

みなさん更年期を上手に乗り越えるために、どのような工夫をしているのでしょうか。

対処法についてのグラフ
小林製薬調べ、2013年9月

アンケートではサプリメントや健康食品を摂っている人が多いようですね。
でも、どんな商品が更年期によいのか、わかりにくいこともありますね。薬局では「更年期障害を治すお薬」も売られています。

自分ではじめられるケアとして、市販のお薬についても知っておきたいですね。

Q.日常生活の中での対処方法は?

対処法についてのグラフ
小林製薬調べ、2013年9月

普段の心がけとしては、睡眠を十分にとったり、食事に気を使ったりしているようですね。
お風呂にゆっくり入ったり、気分転換をすることは、リラックスにもつながります。

外出したり、スポーツをすることもよいですね。

食事の工夫

食事を工夫するのも大切です。
更年期によいと言われる大豆や、からだを温めるしょうが・ゴマ、不足しがちなカルシウムを豊富に含む小魚や緑黄色野菜などを多く取り入れたいですね。


もしかして更年期…?と、思ったら 女性保健薬 命の母A Webストアでもお取り扱い中!