気になる内臓脂肪…
増えるとどうなる?

ナイシトールは
内臓脂肪にまで働きかける OTC医薬品です。

内臓脂肪ってなに?

脂肪は、身体の蓄積部位によって、「内臓脂肪」「皮下脂肪」に分けられます(図1)。どちらも中年を過ぎると蓄積しやすくなることから、若い頃と比べて健康体型の維持が難しくなります。特にウエストサイズが男性で85cm、女性で90cmを超えると、内臓脂肪の過剰な蓄積が疑われます。

「内臓脂肪」「皮下脂肪」

あなたは大丈夫?肥満度チェック

内臓脂肪が増えると何が起きる?

内臓脂肪は代謝に関係する物質の分泌に異常をきたしていると言われています。
ほとんどの生活習慣病は症状のないまま進行するため、症状を自覚する頃にはかなり進行していることが多くなっています。しかし、生活習慣病の発症前の身体には、必ず何らかの変化が表れています。そのひとつが内臓脂肪の蓄積を示すウエストサイズの増大なのです。

内臓脂肪はつきやすい、でも減りやすい!

内臓脂肪は、皮下脂肪よりも「つきやすく、減りやすい」という特徴があります。食事や運動などの生活習慣の改善だけでも、内臓脂肪を減らせることがわかっています。食事のバランスを見直したり、1日のなかで運動を心がけるなど、できることからでも内臓脂肪対策をはじめてみましょう。

それでも「脂肪が落ちなくなったなぁ・・・」と思ったら
内臓脂肪が燃えにくくなってきた証拠かも!?

落ちない原因って…?

知っておきたい「肥満」について

その他、肥満・肥満症に関する情報