原因を知って、ひどくなる前に対処しましょう

のどが痛む・イガイガする理由

通常、ヒトはウイルス・病原菌などの異物を肺まで届かないよう、咽喉から肺にかけての気道の内壁を覆う粘膜と「せん毛」で防いでいます。
この「せん毛」は乾燥すると動きが鈍くなり、ウイルス・病原菌等に感染しやすくなります。

そして、のどの痛みは、様々なウイルス・病原菌によって咽頭に生じる急性炎症が原因です。のどの痛み・イガイガを改善するには、これらの原因菌を殺菌対応することが最も効果的です。

正常なのどのせん毛運動※イメージ

引用元:技術評論社「ウイルス・細菌の図鑑」(2016)引用元:技術評論社「ウイルス・細菌の図鑑」(2016)

痛みの原因ウイルスに、直接効く!

年中蔓延しているウイルスに対して有効なのが、のどぬ〜るスプレーです。のどぬ〜るスプレーには、殺菌力の強いヨウ素が有効成分として配合されており、ウイルス・病原菌の表層タンパク質を変性させて死滅させます。

気になるのどの患部に濃い殺菌成分をシュッと吹きかけることで、のどの痛みや風邪の原因となるウイルス・病原菌に直接効いていきます。忙しくて仕事が休めない方や、大事な予定を控えて体調を崩したくない方に最適な処方です。

ウイルスは年中無休!?

昨今、地球環境の変化で乾燥化・湿度の低下が進んでいます。その影響で、冬に蔓延すると思われがちなウイルスが年中蔓延しているため、一年を通して風邪やのどの痛みのケア・対策が求められています。
また流行するウイルスはシーズンによって異なります。

ライノウイルス ライノウイルス ライノウイルス アデノウイルス コロナウイルス RSウイルス インフルエンザウイルス A群溶連菌

ライノウイルスについて

特徴

成人の風邪の原因の1つで33度という温度で増殖する特徴を持っています。
そのため鼻、のどといった上気道で増殖しやすく、炎症を引き起こします。
ライノウイルスには、100種類以上の血清型があると言われています。そのため、一度感染したことがあっても、再度感染を繰り返します。季節問わず風邪の原因となるウイルスです。

ライノウイルス引用元:技術評論社「ウイルス・細菌の図鑑」(2016)

ヨウ素製剤の効果

ヨウ素製剤による効果(0.5%ヨウ素液を15秒間接触)
ヨウ素はライノウイルスに対して殺菌傾向があることが分かりました。
本試験は、15秒間と短い接触時間での試験でしたが、より長時間の接触で高い殺菌効果が得られると考えられます。

  • ※日本防菌防黴学会、日本臨床微生物学会報告より

ウイルス約400個 → ウイルス約50個

アデノウイルスについて

特徴

風邪の原因ウイルスの一つで、小児胃腸炎の約10%、呼吸器感染の5〜10%の原因とされています。アデノウイルスは扁桃腺やリンパ節に感染し増殖します。
アデノウイルスは夏季に見られることが多く、感染するとプール熱(咽頭結膜熱)やはやり目(流行性結膜炎)を引き起こす可能性があります。

アデノウイルス引用元:技術評論社「ウイルス・細菌の図鑑」(2016)

ヨウ素製剤の効果

ヨウ素製剤による効果(0.5%ヨウ素液を15秒間接触)
ヨウ素は、アデノウイルスに対して殺菌効果があることが分かりました。

  • ※日本防菌防黴学会、日本臨床微生物学会報告より

ウイルス約320,000個 → ほぼ0個(検出限界以下)

コロナウイルスについて

特徴

代表的な風邪の原因ウイルスで、風邪全体の15%程度がコロナウイルスが原因と言われています。また、コロナウイルスに感染することで獲得する免疫の持続は数年と短いため、再感染を繰り返します。
SARSやMARSといったウイルスもコロナウイルスの変異種です。

コロナウイルス引用元:技術評論社「ウイルス・細菌の図鑑」(2016)

ヨウ素製剤の効果

ヨウ素製剤による効果(0.5%ヨウ素液を15秒間接触)
ヨウ素は、コロナウイルスに対して殺菌効果があることが分かりました。

  • ※日本防菌防黴学会、日本臨床微生物学会報告より

ウイルス約320,000個 → ほぼ0個(検出限界以下)

RSウイルスについて

特徴

乳幼児の肺炎や下気道疾患の主な原因となるウイルスです。
成人が感染した場合では、普通感冒程度で済むことが多いですが、慢性肺疾患、心臓疾患を有する人や、抵抗力の弱い高齢者では重症化する事がしばしばあります。

RSウイルス引用元:技術評論社「ウイルス・細菌の図鑑」(2016)

ヨウ素製剤の効果

ヨウ素製剤による効果(0.5%ヨウ素液を15秒間接触)
ヨウ素は、RSウイルスに対して殺菌効果があることが分かりました。

  • ※日本防菌防黴学会、日本臨床微生物学会報告より

ウイルス約320,000個 → ほぼ0個(検出限界以下)

インフルエンザウイルスについて

特徴

インフルエンザウイルスには、A型、B型、C型の3つの型があり、「季節性」インフルエンザとして流行するのは、A型とB型の2つです。また構造が変わりやすいという特徴があり、一度インフルエンザにかかったことのある人でも再度感染します。
インフルエンザにかかると38度以上の高熱や関節痛、頭痛などの症状が現れることがあります。

インフルエンザウイルス引用元:技術評論社「ウイルス・細菌の図鑑」(2016)

ヨウ素製剤の効果

ヨウ素製剤による効果(0.5%ヨウ素液を15秒間接触)

  • ※1:2009年新型インフルエンザ株(A/Callfornia/7/2009(H1N1))

ヨウ素はインフルエンザウイルスに対して殺菌効果があることが分かりました。

  • ※日本防菌防黴学会、日本臨床微生物学会報告より

ウイルス約320,000個 → ほぼ0個(検出限界以下)

A群溶連菌について

特徴

正式には、溶血性連鎖球菌と呼ばれる細菌です。
主に、のどに感染し咽頭炎や扁桃炎を引き起こすだけでなく、全身に小さな紅い発疹の現れる猩紅熱(しょうこうねつ)を引き起こします。

A群溶連菌引用元:技術評論社「ウイルス・細菌の図鑑」(2016)

ヨウ素製剤の効果

ヨウ素製剤による効果(0.5%ヨウ素液、0.47%ポビドンヨード液による阻止円(ペーパーディスク法))
ヨウ素は、A群溶連菌に対して増殖抑制効果があることが分かりました。

ヨウ素 ポビドンヨード

その他ウイルスへの効果を見る

そのほか、のどぬ〜るスプレーに関する情報