事業紹介

小林製薬グループは「“あったらいいな”をカタチにする」をブランドスローガンに掲げ、お客さまの生活・健康上のお困りごとを解決し、快適な暮らしに貢献することを使命に事業展開しております。

主要事業は、「国内事業」・「国際事業」・「通販事業」の3つに分類されます。

国内事業

当社売上の約8割、利益の大部分を占める基幹事業

2020年12月期の業績

  • 国内事業の売上高
  • 国内事業の営業利益
  • 国内事業のカテゴリー別売上高構成比

2020年度の期首により、「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2018年3月30日)
および「収益認識 に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2018年3月30日)
を早期適用しています。

全従業員による年間アイデア創出
57,500

トップシェアブランド
多数保有

OEM取引数
(国内販売向け)約100

OEM(Original Equipment Manufacturing):他社メーカーに製造を委託し、自社ブランドとして販売すること


「医薬品」・「オーラルケア」・「食品」・「芳香消臭剤」・「衛生雑貨品」・
「家庭雑貨品」・「スキンケア」・「カイロ」などのカテゴリーで158ブランドを保有。

主力取扱ブランド


主力取扱ブランド

主力取扱ブランド

国内事業の強み

  • “あったらいいなをカタチにした製品開発力”

    “あったらいいな”をカタチにした
    製品開発力

  • 市場創造による新たな需要喚起力と競争の少なさ

    市場創造による新たな
    需要喚起力と競争の少なさ

  • スピード開発、OEMの活用による開発スピードの速さ

    スピード開発、OEMの活用による
    開発スピードの速さ

OEM(Original Equipment Manufacturing):他社メーカーに製造を委託し、自社ブランドとして販売すること

各事業の、現状と今後の展望は統合報告書でご確認頂けます。

国際事業

主要拠点の米国、中国、東南アジアで
カイロや額用冷却シート、外用消炎鎮痛剤などを販売、
3事業の中で最も今後の成長が期待される事業

2020年12月期の業績

  • 国際事業の売上高

    新型コロナウイルスの感染拡大により、熱さまシートやメガネクリーナーなどの除菌・衛生関連用品の需要は高まった一方、ロックダウンや外出自粛により多くの国で売上が低迷しました。さらに世界的な暖冬により米国や中国、英国などでカイロが減収となりました。

  • 国際事業の営業利益
  • 国際事業の地域別売上高構成比
  • 国際事業のカテゴリー別売上高構成比

製造拠点数
米国:1拠点 中国:3拠点

まだ海外にない
ユニークな商品の保有

現地での
強固な販売基盤

主要拠点の米国、中国、東南アジアなど15カ国でカイロや額用冷却シート、外用消炎鎮痛剤などを販売

主力ブランドの海外展開状況

米国 中国(本土) 香港 シンガポール マレーシア タイ インドネシア フィリピン 台湾 英国 豪州 UAE ベトナム 韓国
熱さまシート
HOTHANDS
アンメルツ
メガネクリーナふきふき
熱さまシート HOTHANDS アンメルツ メガネクリーナふきふき
米国
中国(本土)
香港
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン
台湾
英国
豪州
UAE
ベトナム
韓国

国際事業の強み

  • 米国のカイロ市場でNo.1シェア

    米国のカイロ市場で
    No.1シェア

  • 中国国内における「小林製薬」の認知度の高さ

    中国国内における「小林製薬」の
    認知度の高さ

  • 各国の熱冷却シート市場でNo.1シェア

    各国の熱冷却シート市場で
    No.1シェア

各事業の、現状と今後の展望は統合報告書でご確認頂けます。

通販事業

スキンケア製品や栄養補助食品などを、自社のWebサイトや電話注文を通じて販売

2020年12月期の業績

  • 通販事業の売上高
  • 通販事業の営業利益
  • 通販事業のカテゴリー別売上高構成比
  • 医薬品の開発で培った製品の「開発力」と「品質の良さ」
  • 医薬品通販による競合との差別化
  • エンドユーザーと直接接点を持てることによる丁寧な顧客コミュニケーション

店頭では取り扱っていない、通販独自の高単価な製品を販売

主力取扱カテゴリ

  • 健康食品健康食品

    健康食品

  • スキンケアスキンケア

    スキンケア

通販事業の強み

  • “あったらいいなをカタチにした製品開発力”

    “あったらいいな”をカタチにした
    製品開発力

  • 市場創造による新たな需要喚起力と競争の少なさ

    市場創造による新たな
    需要喚起力と競争の少なさ

  • スピード開発、OEMの活用による開発スピードの速さ

    スピード開発、OEMの活用による
    開発スピードの速さ

OEM(Original Equipment Manufacturing):他社メーカーに製造を委託し、自社ブランドとして販売すること

各事業の、現状と今後の展望は統合報告書でご確認頂けます。