マルチステークホルダー方針

当社は、経営理念に「人と社会に素晴らしい『快』を提供する」ことを定めています。その実現のために、株主にとどまらず、お客様、従業員、取引先、地域社会をはじめとする多様なステークホルダーとの価値協創が重要となっていることを踏まえ、マルチステークホルダーとの適切な協働に取り組んでまいります。その上で、価値協創や生産性向上によって生み出された収益・成果について、マルチステークホルダーへの適切な分配を行うことが、持続可能な社会への貢献や経済の持続的発展につながるという観点から、従業員への還元や取引先への配慮が重要であることを踏まえ、以下の取組を進めてまいります。

1.従業員への還元

当社は、パーパスである「見過ごされがちなお困りごとを解決し、人々の可能性を支援する」ことを実現するため、社会と生活者のさまざまな声に耳を傾け、そこから様々な“あったらいいな”をカタチにすることに取り組みます。
これらの活動により、持続的な成長と生産性向上に取り組み、付加価値の最大化によって生み出した収益・成果に基づき、自社の状況を踏まえた賃金の引上げを行います。
また、“あったらいいな をカタチにしたい”と想う従業員が、持てる力を存分に発揮して、やりがいを感じられるよう、会社は従業員が成長できる環境を整え、人材投資を惜しむことなく実施していきます。これらの活動により、従業員への持続的な還元を目指します。具体的には、賃金の引上げについては、当社を取り巻く事業環境、当社の業績や中期的な見通し、直面する課題を踏まえた上で、従業員のモチベーションを高め、パフォーマンスの向上に繋げます。
人材投資については、 従業員の多様な価値観を大切にし、自分らしさを発揮できる様々な挑戦のフィールドを提供すること、また、一人ひとりの成長を全力でサポートできる環境づくりや教育支援に取り組んでまいります。その環境こそが、社員の積極性を育み、並外れた顧客志向、アイデア創造力を高め、”あったらいいな”を自分らしくカタチにすることにつながると考えています。
その結果、社員一人ひとりが、お客様に喜んでいただくことを通じて、充実感とともに自身の成長を実感できると信じています。

2.取引先への配慮

当社はパートナーシップ構築宣言の内容遵守に引き続き、取り組んでまいります。

・パートナーシップ構築宣言の登録日
2023年10月23日

・パートナーシップ構築宣言のURLリンク
https://www.biz-partnership.jp/declaration/45502-05-08-osaka.pdf

3.その他ステークホルダーに関する取組

当社は、サステナビリティ経営を推進し、社会と当社のサステナビリティの同期化を追求するためには、従業員、取引先、地域社会をはじめとする幅広いステークホルダーとの対話・エンゲージメントを深めることが重要であると考えています。
様々なステークホルダーの期待と信頼に応え、共に社会課題の解決に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

令和6年1月16日

小林製薬株式会社  代表取締役社長 小林 章浩