国内事業

小林製薬グループは「“あったらいいな”をカタチにする」をブランドスローガンに掲げ、お客さまの生活・健康上のお困りごとを解決し、快適な暮らしに貢献することを使命に事業展開しております。

主要事業は、「国内事業」・「国際事業」・「通販事業」の3つに分類されます。

国内事業

当社売上の約8割、利益の大部分を占める基幹事業

2020年12月期の業績

  • 国内事業の売上高
  • 国内事業の営業利益
  • 国内事業のカテゴリー別売上高構成比

2020年度の期首により、「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2018年3月30日)
および「収益認識 に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2018年3月30日)
を早期適用しています。

全従業員による年間アイデア創出
57,500

トップシェアブランド
多数保有

OEM取引数
(国内販売向け)約100

OEM(Original Equipment Manufacturing):他社メーカーに製造を委託し、自社ブランドとして販売すること


「医薬品」・「オーラルケア」・「食品」・「芳香消臭剤」・「衛生雑貨品」・
「家庭雑貨品」・「スキンケア」・「カイロ」などのカテゴリーで158ブランドを保有。

主力取扱ブランド


主力取扱ブランド

主力取扱ブランド

国内事業の強み

  • “あったらいいなをカタチにした製品開発力”

    “あったらいいな”をカタチにした
    製品開発力

  • 市場創造による新たな需要喚起力と競争の少なさ

    市場創造による新たな
    需要喚起力と競争の少なさ

  • スピード開発、OEMの活用による開発スピードの速さ

    スピード開発、OEMの活用による
    開発スピードの速さ

OEM(Original Equipment Manufacturing):他社メーカーに製造を委託し、自社ブランドとして販売すること

各事業の、現状と今後の展望は統合報告書でご確認頂けます。