製品情報

アイボンメディカル

アイボンメディカル

第3類医薬品

有効成分9種類
まるごと洗って、瞳をスッキリ清潔・健康に

単品容量 希望小売価格
500mL 1300円(税込 1300円)

販売名:アイボン メディカル a

  • 製品特徴
  • 成分・分量
  • 効能・効果
  • 用法・用量
  • 使用方法
  • 使用上の
    注意
  • 保管及び
    取扱い上の注意
  • 廃棄方法

製品特徴

  • コンタクトレンズを長時間使用していると目の不快感、目の疲れ等を感じやすくなります
    アイボンメディカルは、アイボン最多、9種類の有効成分を配合し、1日働いた瞳の汚れをしっかり洗い流して眼病を予防します
  • 防腐剤不使用
    ※防腐剤とはベンザルコニウム塩化物、パラベン等のことを指します

上向きカップで瞳をまるごと洗う

  • 上向きカップで瞳をまるごと洗う

クール感のレベル

成分・分量

成分(100mL中) 分量 はたらき
イプシロン-アミノカプロン酸 200mg 抗炎症作用
ベルベリン塩化物水和物 2.5mg
グリチルリチン酸二カリウム 15mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 3mg 抗ヒスタミン作用
シアノコバラミン(ビタミンB12) 2mg 調節機能改善作用
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 10mg 代謝促進作用
L-アスパラギン酸カリウム 50mg
タウリン 50mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 50mg 角膜保護作用

添加物として、ヒアルロン酸Na、ホウ酸、ホウ砂、ポリソルベート80、エデト酸Na、グリセリン、l-メントール、dl-カンフル、pH調節剤を含有する

効能・効果

目の洗浄、眼病予防
(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)

用法・用量

1日3〜6回、1回5mLを用いて洗眼してください

用法・用量に関連する注意

  • 1.小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること
  • 2.コンタクトレンズを装着したまま使用しないこと
    また再装着する場合は、洗眼してから10〜15分程度あけること
  • 3.洗眼カップは使用前後に水道水で充分に洗浄すること。カップに残った水分は自然乾燥をおすすめします
  • 4.混濁したものは使用しないこと
  • 5.洗眼用にのみ使用すること

使用方法

薬液を洗眼カップの内側の線(5mL)まで入れる カップを目にぴったり押し当てる
(1)薬液を洗眼カップの内側の線(5mL)まで入れる (2)カップを目にぴったり押し当てる
液がこぼれないよう、カップを目に押し当てたまま、頭を後ろにそらして上を向く 数回まばたきをして洗眼する
(3)液がこぼれないよう、カップを目に押し当てたまま、頭を後ろにそらして上を向く (4)数回まばたきをして洗眼する
・使用後のカップは充分に洗って乾燥させる

カップへの注ぎ方のコツ

  • カップの低い方から、高い方に向かって注ぐのが、こぼさずに注ぐコツ!
    カップへの注ぎ方のコツ

注意事項

  • 片方の目を洗った液で反対側の目を洗わないでください
  • 30秒以上洗眼しないでください
  • コンタクトレンズを装着されている場合は、使用前に必ずコンタクトレンズをはずすこと
  • 使用前に目のまわりの化粧や汚れはきれいにふきとること
  • 保存状態によって容器の口周辺にオレンジ色の結晶が付着することがあるので、その場合は清潔なガーゼ等で軽くふきとること
  • コンタクトレンズを使っていない人も使用できます
  • 液の色はベルベリン塩化物水和物とビタミンB12の色です。誤って衣服などに付着した場合は、なるべく早く水洗いしてください

使用上の注意

相談すること

  • 1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
    (1)医師の治療を受けている人
    (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
    (3)次の症状のある人:はげしい目の痛み
    (4)眼球乾燥症候群(ドライアイ※※)の診断を受けた人
    ※※医師から病名として診断を受ける程度の人を前提としています
  • 2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、製品のパッケージを持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
    関係部位 症状
    皮ふ 発疹・発赤、かゆみ
    充血、かゆみ、はれ

保管及び取扱い上の注意

  • (1)直射日光の当たらない涼しい所にキャップをしっかりしめて箱に入れて保管すること
  • (2)小児の手の届かない所に保管すること
  • (3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)
  • (4)洗眼カップは他の人と共用しないこと

廃棄方法

廃棄は自治体の区分に従ってください。

包材・資材名 廃棄区分
ボトル プラスチック
キャップ プラスチック
カップ プラスチック
シュリンク プラスチック
個箱 紙※廃棄は自治体の区分に従ってください。
[内容物] 製品情報:成分欄をご覧ください 残った内容物は、新聞紙等に吸わせて一般ごみへ

※「一般ごみ」とは、「燃えるごみ」「家庭ごみ」等、各自治体により表現が異なりますので、弊社お客様相談室または各自治体へご相談ください