リスクマネジメント

小林製薬では、リスクを3つに分類し、それぞれに応じた体制を整え、リスク管理を行っています。
中長期的なリスク(潜在リスク)については、長期的な視点で経営リスクを洗い出し、具体的な問題として顕在化する前に手を打つべく、2017年、社長を委員長とする「リスク管理委員会」を立ち上げ本格的に対応活動を始めました。社外有識者を招いた研修を含む、計4回のリスク管理委員会における議論を経て、2018年には、経営が関与しながら低減に取り組むべき中長期的なリスクとして「全社重点リスク」を選定しました。全社重点リスクに対しては、事業部長クラスが実行責任者を担い、リスク低減プランの策定や進捗管理、経営への定期報告を行う体制を整備し、具体的なリスク低減活動に着手しています。全社重点リスクは、社内外の環境変化を考慮しながら見直し、取締役会においては適切なリスクマネジメントを行っていきます。
顕在化する恐れのある短期的なリスクに関しては、各部門におけるリスク情報を月1回の「マンスリーレポート委員会」で集約し対応を検討することに加え、その中から経営の関与が必要と判断したリスクに関しては、経営会議に上げて対策を講じる体制を敷いています。この他に、目前で発生している顕在化したクライシスに関しては、顕在化とともに速やかに「危機管理本部」を立ち上げ、スピーディに対応を図る体制をとっています。

  リスク管理委員会 マンスリーレポート委員会/経営会議 危機管理本部
主に扱うリスク 中長期的なリスク(潜在リスク) 短期的なリスク 顕在化したクライシス
委員長 社長 グループ統括本社本部長/社長 社長

事業等のリスク

主なリスク リスクの概要 リスク状況 リスクへの対応状況
市場リスク
  • 競争の激しい環境
  • 新製品の販売状況による影響
  • 原材料価格の変動

  • 顧客ニーズを満たす新製品やサービスの開発による他社との差別化
  • 積極的な新製品開発
  • 継続的なコストダウン
法的規制等のリスク
  • 医薬品医療機器等法等関連法規の規制を受けるリスク

  • 事業を展開する国や地域の法規調査
  • 市場および業界動向の調査
品質のリスク
  • 品質不良などにより、消費者、患者に健康被害を与えた場合の損害を被るリスク

  • 品質マネジメント
  • 内部統制システムの強化・改善
経営環境リスク
  • 必要な人材を確保・育成できなかった場合の事業目標未達のリスク
  • 為替レートの大幅な変動、外国政府による規制や経済環境の変化などのリスク
  • 有価証券に係る評価差益の減少や損失発生などの株価変動リスク

  • 事業ポートフォリオの地域的拡大
  • 為替予約取引などによる為替変動のリスクヘッジ
自然環境のリスク
  • 季節性の強い製品が天候不順などにより、販売に 大きな影響を受けるリスク
  • 地震や大規模な台風などの自然災害により、事業拠点が損失を被るリスク

  • 各災害の備えに向けた事業継続計画を策定
情報管理・ システムリスク
  • 情報漏洩の発生した場合、信用失墜により損失を被るリスク

  • 社内管理体制の整備
  • 社内教育の徹底
  • 情報管理の充実
知的財産に関連するリスク
  • ブランドおよび商標権などの知的財産権に関して第三者による侵害が生じた場合のリスク

  • 法令遵守教育の実施
  • コンプライアンス体制の強化・改善

BCP(事業継続計画)

小林製薬グループでは、東日本大震災の経験を踏まえ、BCP(事業継続計画)を策定しました。大規模地震、水害などの自然災害によって予期せぬ緊急事態に遭遇した場合、重要業務に対する被害を最小限にとどめ、最低限の事業活動の継続、可能な限り短期間に復旧を行うことを目的としたものです。業務プロセスを見直し、緊急事態の際の各事業のリスクの大きさ、優先して継続・復旧すべき事業を定めています。

※ BCP(Business Continuity Plan)
さまざまなリスクによって生じる事業活動の中断に対して、重要な業務・機能を継続する、あるいは可能な限り短時間で再開するよう事前に取り決める手順。