ニュースリリース

<< 一覧に戻る

印刷
2017年2月6日

新製品
黒ずんだひじ・ひざのザラザラを改善する医薬品が新発売!
黒ずんだ角質を除去し、皮ふの生まれ変わりを助ける

クロキュア

〜2017年4月5日(水)に新発売〜

小林製薬株式会社(本社:大阪市、社長:小林 章浩)は、黒ずんだひじやひざのザラザラ治療薬「クロキュア」(第3類医薬品)を、4月5日(水)から全国の薬局・薬店・ドラッグストアなどで新発売いたします。
黒ずんだ角質を除去しながら、過剰角化やメラニン形成の原因となる炎症を抑え、新しい肌への生まれ変わりを促進することで、ひじやひざなどの黒ずんだ角質を改善していきます。

製品特徴

  • 1.黒ずんだ角質を改善する3つの成分を配合黒ずみは、皮ふの過剰な角化とメラニン形成が同時に進行することにより起こります。
    「クロキュア」の有効成分「尿素」は、黒ずんだ古い角質を除去して皮ふをなめらかにし、「トコフェロール酢酸エステル」は血行を促進して皮ふの代謝を助けます。また、「グリチルリチン酸モノアンモニウム」が、角化・メラニン生成の原因となる皮ふの炎症を抑えることで、ひじやひざなどの黒ずんだ角質を改善します。

    クロキュア
  • 2.肌の生まれ変わりを促進し、健康な肌へ本製品は、クリームタイプの治療薬です。1日数回患部に塗り込むと、ザラついた肌に、しっとりとした保湿感を与えます。また、有効成分「トコフェロール酢酸エステル」が肌のターンオーバーを促進し、新しい肌への生まれ変わりを助けます。

開発の背景

黒ずみは外部刺激による炎症が原因。正しい対処法を!

黒ずみの対処法といえば、従来、スクラブやピーリング剤を使ったり、せっけんやボディソープでよく洗うなど、“角質を取り除く”ことに着目した方法が一般的です。しかし、黒ずんでいる肌は、実は圧迫や摩擦といった外部刺激によって敏感になり、皮ふ内部で炎症を起こしていることが多く、そのような肌に、物理的な角質ケアを繰り返すことは、肌のバリア機能を低下させ、痛みなどの肌トラブルを引き起こす可能性につながります。
自身もひじ・ひざの黒ずみに悩んでいた、本製品の女性開発者は、女性の3人に1人が抱えている肌の黒ずみという悩みに対して、対処ではなく医薬品による治療という新しい解決策を提案したいと考え、本製品「クロキュア」の開発にいたりました。また女性目線を活かし、爪の長い女性でも簡単にご使用頂けるようにと、使い勝手の良いチューブタイプにもこだわっています。

黒ずみができるメカニズム

ひじやひざといった関節は動かす機会が多く、また「ひじをつく」「ひざ立ちの姿勢を取る」など、日常的な習慣として、物理的な刺激を受けやすい箇所です。
皮ふが刺激を受けると、内部で炎症を起こし、メラニン形成と過剰角化が進みます。その結果、黒っぽく分厚い皮膚になります。これがいわゆる“黒ずみ”です。黒ずみを改善するためには、肌表面の角質に対するケアだけではなく、肌内部の状態を改善することで、根本的な治療につながります。

ひじやひざは物理的な刺激を受けやすい / 黒ずみができるメカニズム

製品概要

製品名 「クロキュア」(販売名:クロキュアb)
カテゴリー 第3類医薬品
希望小売価格 800円 15g
発売日 2017年4月5日(水)
発売場所 全国の薬局・薬店・ドラッグストアなど
効果効能 ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症、手指のあれ、さめ肌、老人の乾皮症
用法・容量 1日に数回、適量を患部にすりこんでください
有効成分 [100g中]
 尿素…20.0g(角質除去)
 トコフェロール酢酸エステル…0.5g(血行促進)
 グリチルリチン酸モノアンモニウム…0.5g(抗炎症) 添加物として、ポリソルベート60、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、グリセリン、プロピレングリコール、パラベン、パラフィン、流動パラフィン、ステアリルアルコール、セタノール、ミリスチン酸イソプロピル、カルボキシビニルポリマー、スクワラン、トリエタノールアミンを含有する。

以上