ニュースリリース

<< 一覧に戻る

印刷
2019年10月吉日

新製品
こわばりや痛みで手指が動かしにくい方に、漢方処方の治療薬が登場
ユービケア

〜2019年10月16日(水)に新発売〜

小林製薬株式会社(本社:大阪市、社長:小林 章浩)は、こわばりや痛みを感じてスムーズに動かしにくい手指の血流を改善することで、炎症を抑え、痛みを鎮める医薬品、「ユービケア」を、10月16日(水)から、全国の薬局・薬店・ドラッグストアなどで発売いたします。

製品特徴

ユービケア ユービケア
  • 1.低下しやすい指先の血流量を改善し症状を緩和 手指の関節は、抹消の血管が細いため血行不良になりやすく、よく動かすため関節がすり減りやすいという特徴があります。そのため、手指の関節は炎症が起こりやすく、こわばりや痛みといったトラブルが発症しやすくなります。
    本製品は漢方処方の有効成分「桂枝加苓朮附湯(けいしかりょうじゅつぶとう)」が血行を促進し炎症を抑えることで、こわばりの原因でもある手指の腫れや痛みを改善します。手指がこわばり、動かしにくいと感じる方におすすめです。

  • 2.手指のこわばりは日常生活に大きな支障 手指は、家事や仕事で頻繁に使うため、スムーズに動かないという悩みは多くのトラブルに繋がります。手指のこわばりや痛みのせいで、「洗濯バサミがつまめない」「仕事でパソコン操作がうまくできない」など生活に支障を与えています。
    本製品はこれまで対処法がなく悩んでいた多くの方に、新しい解決策を提案します。

開発の背景

“どうにかしたい”、手指の痛みやこわばりに新しい選択肢が登場

弊社の行った実態調査では、過去1年以内に痛みやこわばりがあった関節部位として、10人に1人以上が「手指関節」を挙げています。肩や腰などの関節については、市販の消炎作用のある湿布などが一般的に使用されていますが、手指関節については、入浴などで患部を温めたり、マッサージを行うなど一時的なケアを行っている人が多く、対処に対する満足度も8割以上の人が満足していないという現状がありました。
本製品の発売により、「こわばりや痛みで手指が動かしにくい方の医薬品」という新市場を創造しながら、これまで有効な対策がないと諦めていた人々に向けて、新しい選択肢を提案して参ります。

手指がこわばるメカニズム

手指のこわばりや痛みは、関節などに問題があると言われています。指の関節は、軟骨組織や関節液などからできており、加齢に伴い酸化ストレスなどの物理的・化学的ストレスが発生し、軟骨細胞が傷つき、軟骨細胞死を引き起こしてしまいます。これにより、関節に炎症が起き、腫れや痛みが生じ、さらに炎症が酷くなると、炎症によって軟骨組織が減少し腫れや痛みも強くなります。

また、更年期によるエストロゲン(女性ホルモンの一つ)の減少も、原因の一つと言われています。エストロゲンには免疫系に作用し、炎症を抑制する効果があるため、エストロゲンが減少することにより炎症が起きやすくなり、手指の関節に腫れや痛みが生じてしまうのです。

製品概要

製品名 ユービケア(販売名:ユービケア)
カテゴリー 第2類医薬品
希望小売価格 1,600円(税別) 18包
発売日 2019年10月16日(水)
発売場所 全国の薬局・薬店・ドラッグストアなど
効能・効果 体力虚弱で、手足が冷えてこわばり、尿量が少なく、ときに、動悸、めまい、筋肉のぴくつきがあるものの次の諸症:関節痛、神経痛
用法・用量 次の量を1日3回、食前又は食間に水又はお湯で服用してください。
大人(15才以上) 1回 1包、7才以上15才未満 1回 2/3包
4才以上7才未満 1回 1/2包、2才以上4才未満 1回 1/3包
(2才未満は服用しないこと)
成分・分量 [1日量(3包)中]
桂枝加苓朮附湯エキス 2.4g
下記生薬より抽出
ケイヒ・・・2.0g
シャクヤク・・・2.0g
タイソウ・・・2.0g
ショウキョウ・・・0.5g
カンゾウ・・・1.0g
ビャクジュツ・・・2.0g
ブクリョウ・・・2.0g
ブシ末・・・0.25g
添加物として、二酸化ケイ素、ヒドロキシプロピルセルロース、乳糖を含有する

以上