ニュースリリース

<< 一覧に戻る

印刷
2020年6月5日

新型コロナウイルスから生徒・児童を守りたい!
学校再開に向け、トイレからの感染を防ぐ啓発ツールをホームページで配信

小林製薬株式会社(本社:大阪市、社長:小林章浩、以下「小林製薬」)は、この度、NPO法人日本トイレ研究所(以下、「日本トイレ研究所」)と協力し、生徒・児童を新型コロナウイルス感染から守ることを目的とした啓発ツールを当社ホームページ上で配布いたします。

1.目的・概要

小林製薬では、2010年から社会貢献活動「小学校に洋式トイレプレゼント!」を通じ、小学校のトイレを快適な空間へと変えることで、生徒・児童に健康と笑顔を届けるべく活動を続けてまいりました。

学校再開に向け、この度の新型コロナウイルスの感染拡大から生徒・児童を守るためには、トイレの換気や手洗い等の啓発とともに教職員の皆様へのトイレにおける衛生管理に対する適切な情報提供が重要です。そこで小林製薬は日本トイレ研究所と協力し、生徒・児童向けにトイレ使用時に実施してほしい3つのことを伝えるためのポスターと、教職員の方々に知っていただきたい学校トイレの衛生管理に関する資料を作成いたしました。ご自由にダウンロードし、ご活用下さい。

2.配布内容

・啓発ツール内容:

①生徒・児童向けポスター(A3サイズ)
②教職員向け説明資料(PDF)

※監修:菅原えりさ先生(東京医療保健大学大学院 医療保健学研究科教授)
伊与亨先生(北里大学 医療衛生学部 公衆衛生学研究室講師)

・ダウンロード先:
①生徒・児童向けポスター (2,218KB)
②教職員向け説明資料 (1,293KB)

①生徒・児童向けポスター
生徒・児童向けポスター

②教職員向け説明資料
教職員向け説明資料

参考資料小学校を対象に実施している当社の社会貢献活動

「小学校に洋式トイレプレゼント!」(https://www.kobayashi.co.jp/toilet-present/index.html)

家庭や商業施設のトイレ環境の改善が進むなか、学校のトイレは築数十年の古いものが多く、「汚い」「臭い」「暗い」など悩みを抱えていて問題となっています。

当社が2010年から実施している社会貢献活動「小学校に洋式トイレプレゼント!」はトイレを快適な空間へと変え、少しでも子どもたちにとって用便しやすい環境を整えています。2019年には累計120校への寄贈を達成しました。

洋式トイレプレゼント!寄贈式の様子
洋式トイレプレゼント!寄贈式の様子

改修前(和式) → 改修後(洋式)
改修前(和式) → 改修後(洋式)

「小学校のトイレ快適プロジェクト」(https://www.kobayashi.co.jp/toilet-kaiteki/)

小学校のトイレ環境を快適に保つためには「正しいトイレ掃除方法」と「キレイにトイレを使う方法」を知ることが大切ですが、正しく学ぶ機会が少ないのが現状です。

そこで大阪大学大学院 経済学研究科の松村真宏教授とNPO法人「日本トイレ研究所」代表理事の加藤篤氏の両名にご協力をいただき、「仕掛学」の発想を用いて「小学校のトイレ快適プログラム」を考案しました。トイレ掃除をゲーム形式で楽しむ「トイレモンスターズ」、トイレの使用時に自然と正しい位置に誘導する「標語シート」と「ステップシール」を開発しました。これらを今後、全国の小学校へと展開してまいります。

トイレモンスターズ
トイレモンスターズ

標語シート
標語シート

ステップシール
ステップシール

以上