ニュースリリース

<< 一覧に戻る

印刷
2018年3月吉日

- News Letter - 4月3日は『ケシミンの日』シミに関する40・50代男性の意識調査 4人に1人が悩んでいる…アラフォー・アラフィフ男性の肌悩みTOP1はシミ!
ケアをしていない6割の男性を動かすのは娘からの一言!?

調査の背景

小林製薬株式会社は、2004年にシミ・そばかすを防ぐスキンケア「ケシミンクリーム」を発売以降、シミ・そばかすのトータルケアブランドとしてお客様のニーズにお応えしてきました。また、2015年には一般社団法人日本記念日協会より、4月3日が「ケシミンの日」として記念日登録認定されました。

この度、紫外線が強くなり、シミ対策の需要が増す季節を前に、弊社が経年で実施している“肌悩み”に関する調査結果をお知らせします。今回は、美容意識が高まりつつある男性で、かつシミが気になってくる40・50代対象に調査を行いました。

調査結果のトピックス

  1. ①40〜50代男性が気になる肌悩みは「シミ」がトップ1にランクイン!「シミ」への悩みは増加傾向

対象男性に肌で気になることを聞いたところ(複数回答)、「シミ」と回答した人が4人に1人以上(26.3%)となり、全ての肌悩みの中で第1位になりました。一昨年の結果と比較すると「皮脂・テカリ」を抜き、シミへの悩みが増加傾向にあることが分かります。

Q. 肌で気になること(N=300 40・50代の子どもと同居している男性/複数回答)※上位3項目抜粋

2017年調査

参考:2015年調査結果(N=474 40・50代男性/複数回答)※上位3項目抜粋

2015年調査(参考)

  1. ②気になる肌悩みでも、ケアをしていない男性は6割以上!
  2. ③5人に1人は他人、特に女性からの指摘でドキッ!特に娘の一言で肌トラブルを意識する傾向

肌に悩みがあると回答した男性を対象に、現在のケアの状況を聞いたところ、「ケアしている」と回答した人は4割未満(38.8%)にとどまり、トラブルに気づきながらも現在ケアを行っていない人は6割以上(61.2%)に上りました。また、ケアしていると答えた人に肌悩みを抱いたきっかけを聞いたところ、約5人に1人(19.7%)が「他人からの指摘」と回答しました。

肌トラブルを指摘されるとドキっとする相手は誰かという質問に対しては、妻をはじめ女性からの指摘という回答が多く見られました。なかでも、娘と同居している男性では、指摘されるとドキッとする相手に、妻よりも娘を挙げる人の数が上回り、娘からの一言がアラフォー・アラフィフ男性の意識に影響を与えていることが明らかになりました。

Q. 肌悩みへのケア・対策はしているか
(N=196 肌の悩みがあると回答した40・50代男性/単一回答)

肌悩みへのケア・対策はしているか(N=196 肌の悩みがあると回答した40・50代男性/単一回答)

Q. 肌悩みが初めて気になりだしたきっかけは
(N=76 肌の悩みをケアしていると回答した40・50代男性/単一回答)

肌悩みが初めて気になりだしたきっかけは(N=76 肌の悩みをケアしていると回答した40・50代男性/単一回答)

Q. 肌トラブルを指摘されるとドキッとする相手
(N=300 40・50代の子どもと同居している男性、N=189 娘と同居している40・50代男性/共に単一回答)

肌トラブルを指摘されるとドキッとする相手(N=300 40・50代の子どもと同居している男性、N=189 娘と同居している40・50代男性/共に単一回答)

■調査概要

  • 1)調査方法:インターネット調査
  • 2)調査対象者:40・50代の子どもと同居している男性300名(40代153名、50代147名)
  • 3)実施期間:2017年2月28日

以上