ニュースリリース

ニュースレター

- News Letter -
4月3日は『ケシミンの日』40代男性のシミは大きく、女性より濃い!
~女性からの印象を左右する一方で、ケアしていない実態~

40代以上男性によくあるシミにまつわる最新事情

小林製薬株式会社は、2004年にシミ・そばかすを防ぐスキンケア「ケシミンクリーム」を発売以降、シミ・そばかすのトータルケアブランドとしてお客さまのニーズにお応えしてきました。2014年には男性に向けた「メンズケシミン」も発売しています。
また、2015年には一般社団法人日本記念日協会より、4月3日が「ケシミンの日」として記念日登録認定されました。

今回、紫外線が強くなり、シミケアの重要性が増す季節を前に、男性のシミへの意識とシミの特徴を、先日の学会発表*内容と男性の美容に対する意識調査を基に、下記の通りまとめました。ぜひ、ご活用いただけますと幸いです。

* 男性のシミは40代から大きくなり、女性のシミに比べて濃く目立つこと、そしてその程度は女性からの好感度に影響を与えることを見出しました。さらに男性のシミの原因の1つがプラスミンという物質であることを確認し、2018年9月18日~21日にドイツ・ミュンヘンで開催されました「第30回国際化粧品技術者会連盟本大会 2018(IFSCC Congress 2018)」にて発表いたしました。

トピックス
男性の肌への意識

■近年、男性の肌意識は向上。40~50代男性においては、気になる肌悩みは「シミ」がトップ1!

20~50代男性に肌に対して気になることを調査した結果、ここ数年で肌に対する意識が全体的に上がっていることがわかりました。
また、その中でも40~50代の肌悩みは、「シミ」が一番高く、約4人に一人がシミに悩んでいると回答しました。

20~50代男性が肌で気になること(2014年、2016年対比)

40~50代男性が肌で気になること

??調査概要

■調査方法:
インターネット調査
■実施期間:
2014年/調査対象者:20~50代男性10,000名
■実施期間:
2016年/調査対象者:20~50代男性2,075名

男性のシミの特徴

■男性は大きなシミが40代から急に発生。そのシミは女性より濃いという特徴!!

当社研究部門で、20~50代の男性のシミ保有の出現率を調べたところ、男性は40代から急に大きなシミが出現しやすいことがわかりました。それは2人に1人にのぼります。また、男性のシミは女性と比較して濃い特徴があります。

男性は大きなシミが40代から急に発生。 そのシミは女性より濃いという特徴!!

??試験方法:

<大きさ>20~50代の男性87名の顔写真を専用の画像解析装置にて撮影した。長径6mm以上のシミを解析対象とし、その保有率を年代別に解析した。t-test **p<0.01
<濃さ>20~60代の男性109名、女性105名の顔写真を専用の画像解析装置にて撮影した。長径6mm以上のシミを解析対象とし(男性n=33 女性n=45)、画像解析ソフトを用いて、非シミ部に対するシミ部のΔL値を算出し、シミの濃さとした。t-test **p<0.01

女性からの視線と日頃のケア

■シミが少なく薄い男性は女性からの印象がよい。見た目を左右する一方で、男性はスキンケアしていない実態。

シミの程度をグレード付けした40代男性の顔写真を女性に見せ、見た目の好感度が高い順に順位付けを行った調査では、シミが小さくて薄くなるほど、見た目の印象が良くなることが示されています。その一方で、日頃からスキンケアをしている男性は34%にとどまりました。

シミが少なく薄い男性は女性からの印象がよい。見た目を左右する一方で、男性はスキンケアしていない実態。

?試験方法:

<シミのグレード付け>40代男性(n=23)の頬のシミについて大きさ・数・濃さを指標とし、6段階のグレードに分類した。老人性色素斑が無い者あるいは3mm以下の極小のシミしか無い者をグレード1、10mm以上の濃く大きな老人性色素斑がある者をグレード6とした。
<女性からの好感度評価>シミの程度をグレード付けした40代男性の顔写真(n=23)を女性(当社内N=20,平均年齢30±7歳)に提示し、見た目の好感度の高い順に順位付けを行い、シミグレードとの相関を解析した。

??調査概要

■調査方法:
インターネット調査
■実施期間:
2016年/調査対象者:20~50代男女 各2,075名

以上