ニュースリリース

<< 一覧に戻る

印刷
2020年11月25日

小林製薬グループ 「就業時間内禁煙」を実施
禁煙外来受診料補助で卒煙を支援

小林製薬株式会社(本社:大阪市、社長:小林章浩)は、2021年1月から、全従業員の就業時間内禁煙を実施いたします。

当社は、「我々は、絶えざる創造と革新によって新しいものを求め続け、人と社会に素晴らしい『快』を提供する」という経営理念のもと、『快』を提供する企業として従業員の健康が重要と考え、これまでも従業員に対する健康維持・増進の取り組みを行ってきました。

今回、その取り組みを一層強化し従業員の健康に寄与するため、新たに「就業時間内禁煙」を実施いたします。あわせて禁煙外来受診料の補助を行うことで卒煙を支援し、従業員の健康維持・増進を推進していきます。

1.目的

喫煙者の卒煙を促すとともに、非喫煙者の受動喫煙を防止し、従業員やその家族の健康維持・増進を図る。

2.内容

グループ会社全従業員を対象に、外出、移動、出張時を含めた就業時間内禁煙を実施。(所定休憩時間を除く)

3.開始時期

2021年1月

4.禁煙外来治療費の補助

禁煙外来でのプログラム終了後、受診費用の7割を会社が負担(上限1.5万円)。

以上