ニュースリリース

サスティナビリティ

小林製薬青い鳥財団 2022年度 助成事業・顕彰事業の公募開始

応募期間:2022年6月6日(月)から2022年7月29日(金)まで

2021年度の助成先例

2021年度の助成先例

2021年度の助成先例

公益財団法人 小林製薬青い鳥財団(以下「本財団」)は、2022年度の助成事業及び顕彰事業の公募内容を下記の通り決定し、2022年6月6日(月)より公募受付を開始いたします。
本財団は、障がいや病気に悩む子どもたちとその家族にとっての「“あったらいいな”をカタチにする」ことを目的に、小林製薬株式会社(以下「当社」)が創立100期を迎えた2017年に設立し、これまでに延べ62件の助成先・顕彰先を支援してまいりました。
今後も引き続き、障がいや病気に悩む子どもたちとその家族の支援や調査研究をされている方々を幅広く公募し、財団の趣旨である“我々が手掛けなければ取り残されてしまう活動を支援する”ことで、社会全体の「快」の増大に貢献することを目指していきます。

公益財団法人 小林製薬青い鳥財団

【2022年度 助成事業・顕彰事業の公募内容】

1)助成事業(支援活動と調査研究を対象)

①支援活動の場合 ②調査研究の場合
対象分野 障がい・病気に悩む子どもたちとその家族が抱えている様々な医療・福祉上の支援活動及び調査研究で、日本国内において行われるもの
応募資格 日本国内において活動する次の法人等(個人は除きます。)
●公益社団法人又は公益財団法人
●NPO法人(特定非営利活動法人、特例認定特定非営利活動法人又は認定特定非営利活動法人)
●その他、法人格の有無を問わず、非営利かつ公益に資する活動を行う団体
日本国内の大学・研究所・NPO法人その他社会福祉関係施設等において、調査研究を行っている個人又は複数の者
助成内容 1件100万円~500万円程度(5~10件程度) 1件100万円程度(3~5件程度)
応募期間 2022年6月6日(月)~2022年7月29日(金)締切(必着)

2)顕彰事業(小林製薬青い鳥財団賞)

応募資格 障がいや病気を抱える子どもたちとその家族が抱えている様々な医療・福祉上の支援活動及び調査研究において、著しい成果を収めた個人又は以下の法人等(日本国内において活動しているものに限ります)
●公益社団法人又は公益財団法人
●NPO法人(特定非営利活動法人、特例認定特定非営利活動法人または認定特定非営利活動法人)
●その他、法人格の有無を問わず、非営利かつ公益に資する活動を行う団体
顕彰内容 受賞件数:2件程度
賞の内容:1件あたり、記念品及び副賞(300万円)
応募期間 2022年6月6日(月)~2022年7月29日(金)締切(必着)

助成事業は「これから実施する活動」に対して、顕彰事業は「これまでの活躍・成果」に対して行われます。

【応募方法ならびに選考結果】

2021年度贈呈式の様子(2021年度はオンラインで開催しました)

2021年度贈呈式の様子
(2021年度はオンラインで開催しました)

本財団のホームページ(https://www.kobayashi-foundation.or.jp)より申請書をダウンロードの上、書類を提出していただきます。採択者の決定につきましては、選考委員会の結果をもとに本財団の理事会にて最終決定し、10月中旬以降に文書にて通知いたします。そして、2022年12月には贈呈式を開催し、採択者へ表彰状や目録の授与を予定しております。

【参考】小林製薬による小林製薬青い鳥財団支援について

当社では、「“あったらいいな”をカタチにする」をコーポレートブランドスローガンに掲げ、製品やサービスを通じてお客さまの生活・健康上のお困りごとを解決することを使命に、事業を展開しております。これは社会課題に対しても同様で、当社が取り組まなければ置き去りにされてしまう課題における“あったらいいな”の実現に取り組み、持続可能で快適な社会への貢献を目指しております。
本財団は、当社の創立100期の記念事業の一環として、本業とも関わりのある「健康」「福祉」領域の社会課題に対して、社業に影響されず安定的に、より専門的に活動できる仕組みを作ることを目的とし、2017年に設立いたしました。当社では本財団の支援を通じて、障がいや病気に悩む子どもたちとその家族の皆様にとっての「“あったらいいな”をカタチにする」ことを目指してまいります。

“あったらいいなをカタチにする”

以上