ニュースリリース

レポート
男性の肌には、頑固なシミの根ができている!?

男性の濃いシミは根深く、内部構造が乱れている事実を発見

- 2021年10月18日~28日 IFSCC Mexico C onference 2021にて発表-

小林製薬株式会社(本社:大阪市、社長:小林章浩)は、男性の濃いシミの内部では、表皮が肌の奥まで伸長し、複雑に入り組んだ構造に変形していることを新たに発見しました。また、「オウゴンエキス」および「ウコンエキス」に、男性のシミの原因であるプラスミンの活性を抑える効果があること、これらのエキスはトラネキサム酸によるシミ抑制効果を高め、男性のシミに対して有効であることを発見しました。本研究成果は、2021年10月18日~28日にメキシコ・カンクンで開催されました「第26回国際化粧品技術者会連盟中間大会 2021(IFSCC Mexico Conference 2021)」にて発表いたしました。

発表演題①

The Path to More Attractive Male Skin: Intricate Structure of Rete Pegs with Excessive Accumulation of Melanosomes Causes the Darkening of Male Spots

発表演題②

The Path to More Attractive Male Skin: Development of a More Effective Whitening Agent for Men’s Pigmented Spots

研究結果 ダイジェスト

  1. 1. 男性のシミは女性のシミよりも根深くて、メラノソームの蓄積量が多い。
  2. 2. 濃い男性シミの内部は、複雑に入り組んだ構造になっている。
  3. 3. 抗プラスミン活性を有する素材として、オウゴンエキス・ウコンエキスを発見した。
  4. 4. オウゴンエキス・ウコンエキスは、トラネキサム酸のシミ抑制効果を高めた。
  5. 5. 上記3成分を配合したクリームは、男性のシミに対して高いシミ抑制効果を発揮した。

今後、製造販売する製品に、今回の知見を活かしてまいります。

研究の背景

シミは性別を問わず中年以降の男女に好発する皮膚症状です。女性のシミを対象とした研究はこれまで多数報告されていますが、男性のシミについての報告は少なく、その知見はほとんど無いのが現状です。
当社では男性のシミ研究に取り組んでおり、これまでに「男性は40代から大きなシミが発生し、そのシミは女性より濃くて目立つこと」や「炎症性物質であるプラスミンが男性シミの原因の1つである」ことを報告しております。
この度、男性のシミが女性のシミよりも濃い理由を解明するため、シミの内部構造の解析を行いました。また、男性のシミに対する効果をさらに高めるために、抗プラスミン素材を探索しました。

※40代からの男性のシミは濃くて大きい?!男性シミの特徴と原因を徹底追究(小林製薬 2018年10月)https://www.kobayashi.co.jp/corporate/news/2018/181023_01/index.html

研究の結果

1. 男性のシミは女性のシミよりも根深くて、メラノソームの蓄積量が多い。

男性のシミが大きくて、女性のシミよりも濃い※理由を解明するため、特殊な顕微鏡を使用し、シミの内部構造を観察しました。その結果、男性のシミ部の表皮は女性と比べて真皮側に深くなっていることを発見しました(図1)。また、シミの原因物質であるメラノソームの蓄積量は、女性のシミ部よりも男性のシミ部の方が多いことが分かりました(図2)。

  • 図1 シミ部の表皮の深さ

    図1 シミ部の表皮の深さ

  • 図2 シミ部のメラノソーム量

    図2 シミ部のメラノソーム量

試験方法:

42-59歳の健常な日本人(男性9名・女性11名)の肌内部構造を、共焦点レーザー顕微鏡VivaScopeを用いて観察した。
肌表面からの深さおよびメラノソーム量は、imageJを用いて計測した。t-test * p < 0.05, *** p < 0.001

2. 濃い男性シミの内部は、複雑に入り組んだ構造になっている。

男女のシミ部位ごとの内部構造をさらに解析したところ、男性の濃いシミ部では表皮が複雑に入り組んだ構造に変化していることが分かりました(図3-5)。以上の結果から、男性の濃いシミは根深くて複雑な構造にメラノソームをため込んでいるため、女性のシミよりも濃く見えるということが分かりました。

図3 シミ部位の内部構造

図3 シミ部位の内部構造

図4 濃いシミ部位の内部構造

図4 濃いシミ部位の内部構造

図5 シミ内部のイメージ図

図5 シミ内部のイメージ図

試験方法:

42-59歳の健常な日本人(男性9名・女性11名)の肌内部構造を、共焦点レーザー顕微鏡VivaScopeを用いて観察した。

3. 抗プラスミン活性を有する素材として、オウゴンエキス・ウコンエキスを発見した。

我々は以前、男性のシミ部はプラスミン活性が高いことを報告※しました。そこで、男性の大きくて濃いシミを予防するためにはプラスミンの活性を抑えることが重要であると考え、プラスミン活性を阻害することができる素材を探索しました。その結果、オウゴンエキスとウコンエキスは濃度依存的なプラスミン阻害活性があることを見出しました(図6)。

図6 植物抽出液のプラスミン阻害活性

図6 植物抽出液のプラスミン阻害活性

図7 植物抽出液の基原植物

図7 植物抽出液の基原植物

試験方法:

植物抽出液のプラスミンに対する阻害活性を測定した。プラスミンの基質であるt-butyloxycarbonyl-l-valyl-l-leucyl-l-lysine 4-methylcoumaryl-7-amide由来のMCA量を測定し、MCA生成量をプラスミン活性とした。
unpaired t-test: **p < 0.01, ***p < 0.001

4. オウゴンエキス・ウコンエキスは、トラネキサム酸のシミ抑制効果を高めた。

プラスミン阻害活性を有するオウゴンエキスおよびウコンエキスには、男性のシミ対策として有効なトラネキサム酸のシミ抑制効果を高める作用があるのか検証するため、三次元皮膚モデルを使用した試験を行いました。その結果、トラネキサム酸・オウゴンエキス・ウコンエキスの3成分を組み合わせることで、高いメラニン生成抑制効果が発揮されることが明らかとなりました(図8-9)。

図8 抗プラスミン素材のメラニン生成抑制効果の検証(メラニン量)

図8 抗プラスミン素材のメラニン生成抑制効果の検証(メラニン量)

図9 抗プラスミン素材のメラニン生成抑制効果の検証(写真)

図9 抗プラスミン素材のメラニン生成抑制効果の検証(写真)

試験方法:

三次元皮膚モデル(MEL-300A)に検討素材を添加し、黒化するまで培養した。その後、顕微鏡での観察・メラニン量の測定を行った。
unpaired t-test: * p < 0.05

5. トラネキサム酸・オウゴンエキス・ウコンエキスを配合したクリームは
男性のシミに対して高いシミ抑制効果を発揮した。

トラネキサム酸・オウゴンエキス・ウコンエキスの3成分がヒトにおいてもシミ抑制効果を発揮するのか、臨床試験にて検証しました。クリームを6週間継続使用することで、メラニン量が有意に減少し、シミ部の明るさが増したことでシミが改善していることが確かめられました(図10-12)。

  • 図10 シミ部のメラニン量

    図10 シミ部のメラニン量

  • 図11 シミ部の明るさ

    図11 シミ部の明るさ

図12 3成分配合クリームのシミ抑制効果(著効例)

図12 3成分配合クリームのシミ抑制効果(著効例)

試験方法:

トラネキサム酸・オウゴンエキス・ウコンエキスの3成分を含有したクリームを健常人のシミ部位に1日2回、6週間塗布し、シミ抑制効果を検証した。
メラニン量:シミ部のメラニン値と正常部のメラニン値の差
シミ部の明るさ:シミ部のL*値と正常部のL*値の差
paired t-test(Bonferroni法): * p < 0.025, ** p < 0.005, *** p < 0.0005

以上