ニュースリリース

企業情報

国内外から約1,000名が集まる日本最大級のビジネス会議

「第27回 国際女性ビジネス会議」に企業パートナーとして参画

小林製薬株式会社(本社:大阪府大阪市、社長:小林章浩)は、2022年7月10日(日)に開催された、「第27回 国際女性ビジネス会議(主催:株式会社イー・ウーマン)」に、企業パートナーとして参画いたしました。

■「国際女性ビジネス会議」とは

1996年から開催されている、日本最大級のダイバーシティ会議です。毎年、国内外の各分野から多くの志高い人が集まり、多様なキャリアを通して変革を起こし、社会に貢献するために必要な知識や技術、心構えや考え方を分かち合い、交友を深めることを目的に開催されています。当社では、「向上心あふれるビジネスパーソンの支援」という企画主旨に賛同し、2015年より企業パートナーとして参加をしております。
第27回となる今年は、「Drive Diversity」をテーマとし、約1,000名の多様な視点を身に付けて前進したいという人たちが全国・海外から集まり、「ダイバーシティ経営」やそれを支える一人ひとりの生き方、働き方を考える会議となりました。

■当日の様子(当社関連)

プログラム内「理系業界でキャリアを活かす」の講演には、当社より中央研究所 医薬開発部 部長の渡邊 愛子が登壇しました。一人ひとりの、異なる症状やお困りごとに向き合いながら、誰一人取り残さない製品開発を進めるために、アイデア創出を積極的に行っている事例を紹介しました。さらに、育休経験に触れながら、産休や育休は自分自身だけではなく、チームメンバーの成長にもつながる重要な機会であるため、キャリアの中断は決してネガティブなことでは無いと呼びかけました。

上段右:中央研究所 医薬品開発部 部長 渡邊愛子

上段右:中央研究所 医薬品開発部 部長 渡邊愛子

また、イベント後半のイブニングセッションでは、当社代表取締役社長の小林章浩が出張先よりオンライン中継で出演しました。会議開催への祝辞と共に、ダイバーシティインデックス調査による、ダイバーシティ経営の推進を示すスコアが上昇していることと、今後もさらに新しい課題を見つけ出し、解決に進めていく決意を述べました。

本会議には、当社社員52名も参加し、ビジネスの様々な分野で活躍する登壇者の講演を聞き、参加者と交流を図ることで、働くことやキャリアアップについての意欲醸成につなげました。今後も当社では、社員一人ひとりの成長を支援し、多様な人材が活躍できるダイバーシティ経営を推進してまいります。

※ ダイバーシティインデックス:公開情報だけでは⾒えない組織の現状を数値化し、経年比較、他社とのベンチマークなどを可能にした年1回の計測と数値化のプログラム。国内外の専門家チームで開発した、サーベイとテストの両面から数値化する世界初の指標。

■「第27回 国際女性ビジネス会議」概要

主催 株式会社イー・ウーマン
開催日時 2022年7月10日(日)10:00~20:00
開催方法 Zoomでのオンライン開催

※ 詳細は「第27回 国際女性ビジネス会議」HPをご覧ください。
https://www.women.co.jp/conf/

以上