ニュースリリース

投資家

剰余金の配当に関するお知らせ

当社は、2022年2月22日開催の取締役会において、下記の通り2021年12月31日を基準日とする剰余金の配当を行うことを決議しましたのでお知らせいたします。
なお、当社は会社法第459条第1項に基づき、取締役会の決議をもって剰余金の配当等を行う旨を定款に定めております。

1.配当の内容

決定額
直近の配当予想
(2022年2月4日)
前期実績
(2020年12月期)
基準日
2021年12月31日
2021年12月31日
2020年12月31日
1株当たり配当金
46円00銭
46円00銭
43円00銭
配当金の総額
3,575百万円
3,361百万円
効力発生日
2022年3月9日
2021年3月5日
配当原資
利益剰余金
利益剰余金

2.理由

当社は、安定した配当を継続していくこと、および中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としながら、連結業績を反映した配当政策を進めていく考えであります。
上記方針に基づき、2021年12月期の1株当たり年間配当金につきましては83円とし、中間配当金が1株当たり37円でありましたので、期末配当金を1株当たり46円とさせていただきました。

(参考)

1株当たり配当金
基準日
中間期末
期末
年間
当期実績(2021年12月期)
37円00銭
46円00銭
83円00銭
前期実績(2020年12月期)
34円00銭
43円00銭
77円00銭

以上