ニュースリリース

企業情報

小林製薬の通信販売事業 2030年ビジョン策定 事業名称変更
「小林製薬の通信販売」から

「- くらし創造パートナー - 小林製薬 あったらいいな通販」へ

小林製薬株式会社(本社:大阪市、社長:小林章浩、以下「当社」)は、通信販売事業2030年ビジョン「身体と心を整え、健やかで自分らしい暮らしに導く」を定め、2月より通信販売事業名称を新たに「-くらし創造パートナー- あったらいいな通販」として展開を開始します。

<新事業名称>‐くらし創造パートナー‐ 小林製薬 あったらいいな通販

<新ロゴ>‐くらし創造パートナー‐ 小林製薬 あったらいいな通販

※<旧事業名称>小林製薬の通信販売

【ビジョン策定と事業名称変更の背景】

当社は、1999年に栄養補助食品の通信販売事業を開始以来、製薬会社品質を提供する「小林製薬の通信販売」として事業を展開してまいりました。
事業開始から25年を迎えるにあたり、社会が大きく変化しお客様のニーズが多様化するなか、これからの未来に起こりうる変化と当社が通信販売事業を通じて提供できる価値について検討を重ねてまいりました。
このなかで、これから未来の暮らしは、より自由で多様性に富んだスタイルに変化していくと思われ、身体も心もケアする「ライフケア」の視点で、一人ひとりのお客様に、最適な提案やアドバイスを行う「くらし創造パートナー」でありたいと考え、その想いを2030年ビジョンにこめました。

【2030年ビジョン】

身体と心を整え、健やかで自分らしい暮らしに導く
ビジョン策定に当たりまず考えたのは、これからの未来の暮らしは、より自由で多様性に富んだスタイルに大きく変わり、自分らしく生きていくために、身体と心をケアして健やかな状態を保つセルフケア・マネジメント意識が高まるだろうということです。
そんななか、自分一人では何をすればよいか分からないという人もおられると思います。
そこで私たちは、身体だけでなく、心もケアすることで健やかに暮らしていく「ライフケア」の視点に立ち、人々に寄り添い・導く存在を目指します。
これからは、販売するという一時的な関係ではなく、薬剤師の専門性と親身で的確な応対に加えて、一人のお客様をより深く知り、最適な提案やアドバイスを行う伴走者「くらし創造パートナー」を目指します。

【今後の予定】

2030年ビジョンの制定に伴い、ポイント制度や特典の付与などのお客様サービスについても新たな施策を取り入れていく予定です。

  1. あったらいいなと感じていただけるサービスの提供
    ・新たなポイント制度の導入
    ・お客様に会員価値を感じていただけるポイント利用特典
  2. あったらいいなと感じて頂ける製品の提供
    ・新規漢方薬の取り扱い(ナリピタン、モレナクト)
    ・贈り物に使っていただける華やかな芳香剤
    ・結婚式の思い出を香りで体感できるフラワーシャワーとリードディフューザー
  3. あったらいいなと感じていただける体験価値の提供
    ・お肌のセラミド分析の拡大
    ・日々の食事分析ができる携帯アプリの導入検討

なお、新しいお客様サービスの内容は、2024年2月以降、「-くらし創造パートナー- あったらいいな通販」Webサイト(以下)でお知らせしてまいります。
「-くらし創造パートナー- あったらいいな通販」
URL:https://www2.kobayashi.co.jp/

今後より一層お客様との絆を深め、長くお付き合いいただけるくらし創造パートナーとして事業を展開してまいります。

以上

このページを共有する
Facebook
X
LINE