• トップページ >
  • CSR >
  • S(社会):お客さまと共に:製品を通じた社会的課題解決

“あったらいいな”をカタチにする、を世界へ

50年にわたり、当社は“あったらいいな”をカタチにすることで、『ブルーレット』や『熱さまシート』『のどぬ〜る』『アイボン』といったニッチ製品を生み出し、新しい生活習慣を作り、新市場を創造してきました。ニッチ製品は大部分の人にとってはなくてもよいものに見えますが、特定のお困りごと(プロブレム)を持つお客さまにとっては、なくてはならない存在です。もし私たちが手がけなければ、そういったお困りごとは取り残されてしまい、お客さまが我慢するしかなかったものです。私たちはそんなお困りごとを見つけ出し、解決のアイデアを製品として生み出すことを得意としています。このようなお困りごとはまだまだ多く存在しており、しかも潜在しています。今後、さまざまな社会的課題にも視野を広げ、ますますスピードを持ってこのようなお困りごとを見つけ、解決策となるアイデアをひねり出し、お客さま一人ひとりの快適な生活や社会での活躍をサポートしていきます。現在、当社は150以上のブランドを保有しています。そのすべてがお客さまのお困りごとを解決していると言っても過言ではありません。当社の事業活動が広がれば広がるほど、さらに多くのお客さまのお困りごと、ひいては社会的課題を解決することになると考えています。それこそが私たちの使命であり、「誰一人取り残さない社会」の実現に向けた貢献にもつながります。日本で“あったらいいな”をカタチにしていくことはもちろんのこと、それをスピーディに海外にも展開していきます。それだけでなく、今後は世界各国に存在するお困りごとを見つけ出し、現地で独自の“あったらいいな”開発を実行できるよう挑戦していきます。

図

代表的なブランドと解決している社会的課題

図

社会的価値の創出

小林製薬で展開している社会的価値創出の一例として、『命の母』ブランドを通じた活動をご紹介します。女性保健薬『命の母A』は、1世紀以上女性の心と体の健康を応援したいという想いを受け継いできました。日本では、ほてりや動悸といった身体的な不調、また不安や突発的な怒りなどの精神的な不調がホルモンバランスの変調に起因することについて、十分に認識されているとはいえません。『命の母』ブランドは、そうした女性に多く見られる症状を緩和する医薬品としての貢献だけではなく、インターンシップなどを通じた女性ホルモンの啓発活動や、主要原料であるカノコソウの生産支援に取り組んでいます。

カノコソウ生産農家支援

CSVの取り組みの一環として、『命の母A』の主要原料であるカノコソウの生産者(北海道名寄市など)を支援しています。
収穫前後に必要な農業機械や洗浄装置の開発を官・民・生産者と協働することで、カノコソウ生産量の安定生産に取り組んでいます。生産者の経営安定に貢献することができるとともに、当社では高品質な国産生薬を安定的に調達することが可能となっています。

図

女性ホルモンバランスの啓発

当社では女性ホルモンについて考えるきっかけとなるよう、将来の社会人である就職活動生のインターンシップとして『命の母ホワイト』のCMを制作しました。また、その過程を動画にして幅広く紹介しました。今後も女性が全力で働ける世の中を目指し、女性ホルモンバランスの啓発活動を推進していきます。

図

『命の母』に寄せられたお客さまの声

  • 更年期になってからホットフラッシュ、頭痛、めまいがありました。飲んでから調子がよくなって、代謝がよくなったように思います。
  • 仕事中に何回もトイレに行かないといけなかったのがラクになりました。
  • 母にも「もとのあなたに戻ってきた」と言われました。
  • ウ ォーキングをしたりとか、来年から働けたらよいなとか、前向きな気持ちになれました。
  • 更年期だとはわかっていたのですが、日々のイライラのためか言動が激しくなり、家族と衝突ばかりしていました。「家庭が崩壊」するほどの危機を救ってくれた薬です。