労働安全衛生

基本方針・マネジメントシステム

小林製薬グループは、従業員の安全と健康を維持し、快適な職場環境づくりに向けて取り組みます。
そして、労働安全衛生法に基づき「全社安全衛生委員会」を設置し、その下部組織としてそれぞれの事業所ごとに毎月委員会を開催し、社内パトロールを強化しています。

交通安全への取り組み

小林製薬グループでは、全社的なスローガンに掲げて無事故・無違反を強化しています。単に意識を高めるだけでなく、所属員全員で庶務部門から配信されるリスクマネージメントソリューションニュースの読み合わせなどを積極的におこない、日頃から交通安全意識を高めています。

メンタルヘルスへの取り組み

昨今のストレス社会の中で誰もがメンタルヘルスに不調をきたす可能性があるといっても過言ではありません。
小林製薬グループとしては以下の取り組みを行っています。

いずれの場合も個人のプライバシーが確実に保護されています。

ストレスチェック

自分自身のストレス状態をチェックし、必要に応じて自ら対処できるようにしています。また、集団分析を行い、職場改善に向けた取り組みに役立てています。

カウンセリング

メンタルヘルスケアが必要となった場合は、外部の窓口に相談したり、カウンセリングを受けたりすることができます。

産業医・専門医への相談

定期的に開催されている「心とからだの相談室」にて産業医や専門医に面談や、電話で直接相談することも可能です。

心理的安全性の確保

当社は、誰もが安心して意見を出し合える、「イノベーションを生み出しやすい環境づくり」に注力しています。「提案制度」「『さん付け』呼称」「ホメホメメール」「ちょっとミーティング」等は、社員一人ひとりの心理的安全性の確保に寄与し、多様なアイデアが生まれる源泉となっています。

提案制度 誰もが自由にアイデアを提言できる仕組み。年間5万件を超えるアイデアが寄せられる
「さん付け」呼称 仕事の前では誰もが平等であることを前提に、役職名での呼称を廃止
ホメホメメール 良い取り組みを讃えるための制度。社長自ら、社員に直接メールを送付
ちょっとミーティング こまめに意見を求め合う場として、社員間で積極的に活用

社員を大切に

当社は、社員一人ひとりを大切に、その生活を守ることにも注力しています。ライフステージの変化にも対応できるエリア限定制度や、社員のご家族も含めた健康管理制度、万が一就労が困難になった場合の補償制度等、日々の生活において安心いただける様々な制度を準備しています。

エリア限定制度 育児・介護やその他の事情により、「転宅を伴う異動」の回避を自ら選択可
健康管理制度 社員及びそのご家族が、各種健康診断や先進医療等にかかる際の費用を会社が負担
就労困難時の補償制度 万が一に備えた生命保険・長期所得補償制度・遺族育英金制度への加入費用を会社が負担

従業員意識調査に

従業員の働きがいの高まりはモチベーションアップに繋がり、会社全体の生産性向上をもたらすため、会社の持続的成長のためにとても大切な項目と考えています。当社は従業員の働きがいや貢献意欲を見える化すべく2019 年より「従業員意識調査」を開始、中期経営計画に調査内の「従業員の働きがい・貢献意欲」、「仕事を通じて成長を実感することがある割合」、「心身ともに良好な状態で働けている割合」の3つのスコアをKPIとして盛り込んでいます。

2018年従業員意識調査結果