製品開発エコ基準

小林製薬は、2019年2月に、パリ協定やSDGsなど、近年の気候変動・地球環境に関わる国際的な潮流を加味した「小林製薬グループ 環境宣言2030」「新・環境行動指針」を公表いたしました。
企業としての課題解決への貢献姿勢を社内外に向けて明確に示すことで環境活動を強力に推進するための旗印とし、ステークホルダーからの期待と要請にも応え、持続的成長に向け取り組んでいます。

製品開発においては、従来より環境配慮を重視しており、2011年度より「製品開発エコ指標」という自主基準を設け、製品の開発段階においてその環境負荷について確認し、基準を満たすことを発売の条件としてきました。

この度、より高いレベルでの環境負荷の低減に取り組むべく、項目の見直しや運用方法の改善を2020年に行いました。あわせて製品開発における環境負荷低減を見える化するため、新たに環境負荷低減に寄与する自社基準「小林製薬製品開発エコ基準」を設け、基準を1つ以上満たした製品に「エコをカタチに」マークを付与する制度の運用を2021年より開始しました。

エコをカタチに
あったらいいなをカタチにする

あったらいいなを
カタチにする製品開発

エコをカタチに

エコをカタチに
環境負荷低減の見える化

原料調達から製品設計まで、製品のライフサイクル上で環境負荷を低減する9つの付与基準を設定しています。9項目のうち1つ以上該当する製品に「エコをカタチに」マークを付与し、製品パッケージに表示いたします。

エコをカタチに
※基準製品とは、2018年販売製品。また2019年以降に発売された製品は、その発売時の製品とする。
分類 付与基準
原料調達 内容物(有機成分)中の植物由来原材料が50%以上使用
内容物において、リサイクル原材料を10%以上使用
材料調達および製品設計 容器包装において、リサイクル原材料を10%以上使用
容器包装において、植物由来原材料を20%以上使用
基準製品※よりも容器包装重量を10%以上削減
基準製品※よりも廃棄物量を10%以上削減
容器包装において、本体と比べ、単位容量当たりの重量比が50%以上削減できるつめ替え、つけ替え
基準製品※よりも、使用に供される内容物の原材重量を10%以上削減
全ライフサイクル 基準製品※よりも、製品のライフサイクルのいずれかのステージ(内容物の調達と廃棄、包装容器の調達と廃棄、生産、物流、および使用)でCO2排出量を10%以上削減

「エコをカタチに」マーク

「エコをカタチに」マークは、コーポレートブランドスローガ「“あったらいいな”をカタチにする」の考え方に沿って、環境への思いをわかりやすく表現しています。「製品開発エコ基準」を満たした製品のパッケージに付与基準の該当理由とともに表示し環境負荷低減を見える化することで、お客さまが製品のコンセプトやパフォーマンスだけでなく環境視点からも店頭でお選びいただけるようになります。

2021年3月より「消臭元」ブランドで41アイテム、「ブルーレット」ブランドで47アイテム、計88アイテムで「エコをカタチに」マークを表示した製品の発売を順次開始しました。今後の製品開発において基準をクリアした製品には随時マークを表示していきます。

「エコをカタチに」マーク

認定基準③ 容器包装において、リサイクル原材料を10%以上使用

認定基準④ 容器包装において、植物由来原材料を20%以上使用

認定基準⑤ 基準製品※よりも容器包装重量を10%以上削減

認定基準⑥ 基準製品よりも廃棄物量を10%以上削減

認定基準⑦ 容器包装において、本体と比べ、単位容量当たりの重量比が50%以上削減できるつめ替え、つけ替え